大坂なおみが全豪に続いてセンターコートの開幕試合に勝利 [フレンチ・オープン]

写真は大坂なおみ(日清食品)(Getty Images)


 今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)が開幕し、女子シングルス1回戦で第2シードの大坂なおみ(日清食品)がパトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)を6-4 7-6(4)で倒してセンターコートの開幕試合を勝利で飾った。試合時間は1時間47分。

 ロラン・ギャロスに2年ぶり5度目の出場となる23歳の大坂は、3度の3回戦進出(2016年、18~19年)がこれまでの最高成績。秋に開催された昨年は2年ぶりに女王の座に返り咲いたUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)のあと、負傷したハムストリングの痛みが残っているため出場を回避していた。

 この結果で大坂は、ティーグとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は2015年11月にホアヒン(WTA125K/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、大坂が6-7(6) 6-2 6-1で勝っていた。

 2021年シーズンの大坂は2月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で2年ぶりに女王の座に返り咲いたが、クレーコートシーズンはここまで2大会に出場して1勝2敗の戦績で今大会を迎えている。

 大坂は2回戦で、アナ・ボグダン(ルーマニア)と対戦する。ボグダンは1回戦で、ラッキールーザーで本戦入りしたエリザベッタ・コッチャレット(イタリア)を6-1 6-3で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related