ピンチを乗り越えた錦織が4時間超の1回戦を制して今季のグランドスラム初勝利 [フレンチ・オープン]

写真は錦織圭(日清食品)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、錦織圭(日清食品)がアレッサンドロ・ジャンネッシ(イタリア)を6-4 6-7(4) 6-3 4-6 6-4で振りきり今季のグランドスラム初勝利を挙げた。試合時間は4時間3分。

 第5セットで先にブレークされた錦織は一時2-4とリードされてから追いつき、5-4から相手のサービスゲームで迎えた3本目のマッチポイントをものにして試合を締めくくった。

 ロラン・ギャロスに9年連続11回目の出場となる30歳の錦織は、3度のベスト8(2015年、17年、19年)がこれまでの最高成績。秋に開催された昨年は、2回戦でステファノ・トラバグリア(イタリア)に4-6 6-2 6-7(7) 6-4 2-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。世界ランク159位で30歳のジャンネッシは予選3試合を勝ち抜き、6度目の挑戦で初の本戦入りを決めていた。

 2021年クレーコートシーズンでの錦織はここまで3大会でプレーし、4勝3敗の戦績で今大会を迎えている。

 錦織は2回戦で、第23シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。ハチャノフは1回戦で、イリ・ベセリ(チェコ)を6-1 6-2 6-3で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related