セレナが大会史上初のナイトセッションでストレート勝利 [フレンチ・オープン]

写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、第7シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を7-6(6) 6-2で下して大会史上初のナイトセッションで勝者となった。試合時間は1時間42分。

 ロラン・ギャロスに4年連続19回目の出場となる39歳のセレナは、過去3度(2002年、13年、15年)の優勝経験がある。昨年は初戦を勝ち上がったあと、左アキレス腱のケガを理由に2回戦を棄権していた。

 2月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の準決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたあとプレーしていなかったセレナは今月のローマ(WTA1000)でクレーコートシーズンを開始し、2大会で1勝しか挙げることができずに今大会を迎えている。

 セレナは次のラウンドで、アランチャ・ラス(オランダ)を7-5 7-5で破って勝ち上がったミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)と対戦する。

 そのほかの試合では第4シードのソフィア・ケニン(アメリカ)、第10シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)、第28シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)、ダリア・カサキナ(ロシア)、ジェン・サイサイ(中国)、カミラ・ジョルジ(イタリア)、マルタ・コスチュク(ウクライナ)、バルバラ・グラチェワ(ロシア)、テレザ・マルティンコバ(チェコ)、マルチナ・トレビザン(イタリア)、ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)が2回戦に駒を進めた。

 2016年優勝者で第12シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)がコスチュクに1-6 4-6で、第22シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)はジョルジに2-6 7-6(5) 4-6で敗れ、それぞれ初戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

女子シングルス1回戦|主な試合結果

○33ソフィア・ケニン(アメリカ)[4] 6-4 4-6 6-3 ●34エレナ・オスタペンコ(ラトビア)

○37テレザ・マルティンコバ(チェコ)6-3 7-6(6) ●38イバナ・ヨロビッチ(セルビア)

○40ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[28] 6-4 4-6 6-4 ●39ジュ・リン(中国)

○50マルタ・コスチュク(ウクライナ)6-1 6-4 ●49ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[12]

○51ジェン・サイサイ(中国)4-6 6-4 6-4 ●52サラ・ソリベス トルモ(スペイン)

○54バルバラ・グラチェワ(ロシア)6-2 6-3 ●53ララ・アロアバレーナ(スペイン)[Q]

------

○55カミラ・ジョルジ(イタリア)6-2 6-7(5) 6-4 ●56ペトラ・マルティッチ(クロアチア)[22]

○65セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[7] 7-6(6) 6-2 ●66イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)

○68ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)7-5 7-5 ●67アランチャ・ラス(オランダ)

○108マルチナ・トレビザン(イタリア)7-5 4-6 6-4 ●107アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)

○109ダリア・カサキナ(ロシア)6-3 5-7 6-3 ●110土居美咲(日本/ミキハウス)

○112ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[10] 6-0 6-3 ●111ナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related