大会未勝利だったメドベージェフがガリンを倒し、チチパスとの準々決勝へ [フレンチ・オープン]

写真はダニール・メドベージェフ(ロシア)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の男子シングルス4回戦で、第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)が第22シードのクリスチャン・ガリン(チリ)を6-2 6-1 7-5で退けベスト8に進出した。試合時間は2時間4分。

 ロラン・ギャロスに5年連続出場となる25歳のメドベージェフは、昨年まで未勝利ですべて初戦敗退に終わっていた。秋に開催された昨年は、マートン・フチョビッチ(ハンガリー)に4-6 6-7(3) 6-2 1-6で敗れていた。今季のクレーコートシーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したこともあってここまで2大会しかプレーしておらず、1勝2敗の戦績で今大会を迎えている。

 今シーズンのメドベージェフは2月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で準優勝を飾ったあと3月にマルセイユ(ATP250/室内ハードコート)でタイトルを獲得し、『ビッグ4』以外で政界ランク2位の座に就いた15年半ぶりの選手となった。

 この結果でメドベージェフは、ガリンとの対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。今シーズンは5月にクレーコート前哨戦のマドリッド(ATP1000)の3回戦で顔を合わせ、ガリンが6-4 6-7(2) 6-1で勝っていた。

 今大会でのメドベージェフは1回戦でアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)を6-3 6-3 7-5で、2回戦でトミー・ポール(アメリカ)を3-6 6-1 6-4 6-3で、3回戦では第32シードのライリー・オペルカ(アメリカ)を6-4 6-2 6-4で破って16強入りを決めていた。

 メドベージェフは次のラウンドで、第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは4回戦で、第12シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を6-3 6-2 7-5で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related