ジョコビッチがナダルの牙城をふたたび崩し、「ダブルグランドスラム」と19回目のグランドスラム制覇に王手 [フレンチ・オープン]

写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)(Getty Images)


 今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の男子シングルス準決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)を3-6 6-3 7-6(4) 6-2で倒して19回目のグランドスラム制覇に王手をかけた。試合時間は4時間11分。

 ロラン・ギャロスに17年連続出場となる34歳のジョコビッチは、2016年の決勝でアンディ・マレー(イギリス)に勝って生涯グランドスラム(キャリアを通じて4つのグランドスラムのすべてを制すること)を達成。秋に開催された昨年の大会では決勝に進出したが、ナダルに0-6 2-6 5-7で敗れて準優勝に終わっていた。

 今年の大会でジョコビッチが勝つと、「ダブルグランドスラム」(四大大会2回以上制覇)の偉業を成し遂げることになる。

 この結果でジョコビッチは、ナダルとの対戦成績を30勝28敗とした。今シーズンはクレーコートの前哨戦のひとつとなるローマの決勝で顔を合わせ、ナダルが7-5 1-6 6-3で勝っていた。2015年の全仏準々決勝でナダルに勝っていたジョコビッチは、同大会でナダルから2勝を挙げた初めての選手となった。

 今大会でのジョコビッチは1回戦でテニス・サングレン(アメリカ)を6-2 6-4 6-2で、2回戦でパブロ・クエバス(ウルグアイ)を6-3 6-2 6-4で、3回戦でリカルダス・ベランキス(リトアニア)を6-1 6-4 6-1で下し、4回戦は6-7(7) 6-7(2) 6-1 6-0 4-0となった時点で19歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)が棄権したため勝ち上がり、準々決勝では第9シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を6-3 6-2 6-7(5) 7-5で破って4強入りを決めていた。

 ジョコビッチは最終日の決勝で、第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは準決勝で、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-3 6-3 4-6 4-6 6-3で下しての勝ち上がり。

 フレンチ・オープンで3敗目を喫したナダルは、今大会で14回目の優勝と男子歴代トップで並ぶロジャー・フェデラー(スイス)を抜くグランドスラム21勝目を目指していた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related