チリッチが3年ぶりのタイトル獲得、オジェ アリアシムはまたしても決勝敗退 [メルセデス・カップ]

写真は3年ぶりにタイトルを獲得したマリン・チリッチ(クロアチア)(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「メルセデス・カップ」(ATP250/ドイツ・シュツットガルト/6月8~13日/賞金総額61万8735ユーロ/グラスコート)の男子シングルス決勝で、マリン・チリッチ(クロアチア)が第3シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を7-6(2) 6-3で下して3年ぶりの優勝を飾った。

 2014年USオープン優勝者のチリッチは7本のサービスエースを決め、2018年のクイーンズクラブ以来となるタイトルを獲得した。

 またも準優勝に終わった20歳のオジェ アリアシムは、ツアー決勝での連敗を止めることができなかった。彼はマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に敗れたシュツットガルトの前回大会決勝を含め、8回プレーしたツアー決勝のすべてでストレート負けを喫した。

 準々決勝で第1シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)に勝ったあと、チリッチは同じ週に新進気鋭のカナダ人プレーヤーをもうひとり倒した。チリッチはツアー決勝での戦績を19勝14敗とし、グラスコートでは現役プレーヤーの中で6位となるマッチ73勝目をマークした。

 ダブルス決勝も行われ、マルセロ・デモリナー(ブラジル)/サンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)がアリエル・ベハール(ウルグアイ)/ゴンサロ・エスコバル(エクアドル)とのノーシード対決を4-6 6-3 [10-8]で制してコンビ2勝目を挙げた。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(C)AP(テニスマガジン)


男子ダブルス優勝のマルセロ・デモリナー(ブラジル/左)とサンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related