バシラシビリが地元ドイツの人気者を倒して2回戦へ [メルセデス・カップ]

写真はニコラス・バシラシビリ(ジョージア)(Getty Images)

ATPツアー公式戦の「メルセデス・カップ」(ATP250/ドイツ・シュツットガルト/6月8~13日/賞金総額61万8735ユーロ/グラスコート)の男子シングルス1回戦で、第5シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)が地元の人気者でワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したダスティン・ブラウン(ドイツ)を6-3 7-6(4)で倒して大会をスタートした。

 先月のミュンヘンでツアー5勝目となる今季2つ目のタイトルを獲得したバシラシビリ第2セットで2本のセットポイントをセーブし、1時間21分で試合を締めくくった。

 バシラシビリは2回戦で、マリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。フランス・パリで開催中のフレンチ・オープンの2回戦でロジャー・フェデラー(スイス)に敗れたチリッチは20本のサービスエースを決め、直面した5つのブレークポイントをすべて凌いでワイルドカードで出場したルドルフ・モレカー(ドイツ)を7-5 6-3で退けた。

 この日プレーしたそのほかのシード勢は、第6シードのユーゴ・アンベール(フランス)がマートン・フチョビッチ(ハンガリー)を6-3 6-1で下して初戦を突破した。

 そのほかの試合ではロイド・ハリス(南アフリカ)が第2セット2-4から挽回し、ジル・シモン(フランス)を6-4 7-5で振りきった。ハリスは次のラウンドで、第3シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と顔を合わせる。上位4シードは初戦がBYEで免除されており、2回戦からの登場となる。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related