フェデラーがハレで初めて準々決勝行きを逃す [ノベンティ・オープン]

写真はロジャー・フェデラー(スイス)(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「ノベンティ・オープン」(ATP500/ドイツ・ハレ/6月14~20日/賞金総額145万5928ユーロ/グラスコート)の男子シングルス2回戦で第5シードのロジャー・フェデラー(スイス)がフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)に6-4 3-6 2-6で敗れ、同大会で初めてベスト8進出を逃した。

 20歳のオジェ アリアシムは誕生日がフェデラーと同じ8月8日で、彼より19歳も若い。フェデラーはハレで、大会最多記録である10回の優勝を誇っている。

 フェデラーはこのグラスコート大会に18回目の出場で18回目の準々決勝進出を目指していたが、若い対戦相手の第2セットでの戦術変更に対処することができなかった。オジェ アリアシムは持ち前の強力なサービスでフェデラーのバックハンド側を狙い、3度のブレークに成功して1時間45分で勝負を決めた。

 オジェ アリアシムは次のラウンドで、予選勝者のマルコス・ギロン(アメリカ)と対戦する。ギロンはこの日、火曜日に第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を倒す番狂わせを演じていたヤン レナード・ストルフ(ドイツ)に6-7(1) 6-3 6-4で競り勝った。

 そのほかの試合では第4シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)がジョーダン・トンプソン(オーストラリア)を6-4 6-4で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した地元選手のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)はコランタン・ムーテ(フランス)を6-4 7-6(4)で下し、勝ち上がった両者の準々決勝での対戦が決まった。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related