クラーセン/マクラクラン勉はボレッリ/ゴンサレスに今季3敗目を喫して準々決勝敗退 [ウインブルドン]

写真は2019年ウインブルドンでのマクラクラン勉(イカイ)(撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA)


 2年ぶりの開催となる今年3つ目のグランドスラム大会「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月28日~7月11日/グラスコート)の男子ダブルス準々決勝で、第14シードのレイブン・クラーセン(南アフリカ)/マクラクラン勉(イカイ)はシモーネ・ボレッリ(イタリア)/マッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)に6-7(0) 4-6 3-6で敗れた。試合時間は2時間23分。

 両ペアは今季4度目の対戦となったが、ボレッリ/ゴンサレスが3勝1敗とした。

 マクラクランとクラーセンのコンビは、今大会が17回目のダブルス出場。初めてペアを組んだ昨年10月のケルン(ATP250/室内ハードコート)では、決勝でフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)を2年連続で制したケビン・クラウィーツ/アンドレアス・ミース(ともにドイツ)に勝ってタイトルを獲得した。

 今大会でのクラーセン/マクラクランは1回戦でアンドレス・モルテーニ(アルゼンチン)/アンドレア・ババソリ(イタリア)を6-7(3) 6-4 6-4で、3回戦ではジェレミー・シャルディ/ファブリス・マルタン(ともにフランス)を6-7(4) 6-4 6-7(5) 7-6(5) 7-5で破って8強入りを決めていた。

 ボレッリ/ゴンサレスは次のラウンドで、第14シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)と対戦する。グラノイェルス/ゼバロスは準々決勝で、アンドレ・ゴランソン(スウェーデン)/キャスパー・ルード(ノルウェー)を6-3 6-4 6-4で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

Related