日本代表メンバーより開幕に向けてコメント、錦織圭「皆様からの声援は僕や他の選手の力となり届きます」[東京2020]



 東京オリンピック テニス競技(7月24日〜8月1日/有明テニスの森公園)出場の日本代表選手団、男子(錦織圭、西岡良仁、杉田祐一、ダニエル太郎、マクラクラン勉)、女子(大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒、青山修子、柴原瑛菜、二宮真琴)からの一部メッセージを紹介します。

情報提供◎JOC 写真提供◎アフロスポーツ / JOC



錦織圭(日清食品)
「日本を代表する選手の一員として、自分の力を出し切って終われるよう精進します。最後には、心に残るオリンピックだったと言っていただけるように、皆さまの想いを胸に、精一杯のプレーをしてきます。無観客での試合となりますが、皆さまからの温かいご声援は、離れた場所からでもきっと僕や他の選手の力となり届きます。メダル目指して、頑張ります!よろしくお願いいたします!」


西岡良仁(ミキハウス)


杉田祐一(三菱電機)


ダニエル太郎(エイブル)


マクラクラン勉(イカイ)


大坂なおみ(日清食品)


土居美咲(ミキハウス)
「今は遠征から帰国し、オリンピックに向けての最終調整を行っているところです。開催決定から、東京オリンピックを1つの目標として活動してきました。普段は海外を転戦する私にとって、自国でのオリンピックは大きな意味を持ちます。たくさんの方たちに支えられて、ここまで来ました。その方たちに少しでも恩返しができるように、そしてファンや子供たちの心が動くようなプレーができるように、最大限のパフォーマンスを発揮して挑みたいと思います」


日比野菜緒(ブラス)


青山修子(近藤乳業)
「無観客での開催となりますが、私自身、初めてのオリンピックとなるので、日本で戦えることを楽しみ、今自分にできることをやり続け、柴原選手とのダブルスで良いエネルギーを感じてもらえるよう頑張ります!」


柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
「今はワクワクした気持ちが強いです。初めてのオリンピック出場で、国を代表してプレーできることを光栄に思います。帰国から一週間が経ち、しっかりと水分補給をしながら練習もできています。芝からハードコートへサーフェスが変わりますが、メダルを狙える位置にいると思うので、メダル獲得を目指して頑張りたいと思います。夏に体験入学した小学校の校庭に、テニスコートができました。テニスの楽しさを伝えるために笑顔で頑張りますので、応援よろしくお願いします」


二宮真琴(エディオン)
「初めてのオリンピックで、楽しみも不安もありますが、目標にしていた大舞台でプレーできることがとてもうれしいです。緊張もすると思いますが、いつも通り自分らしく戦って、一つでも上を目指します。この東京オリンピックに出場できたことで、あきらめなければ良いことがある、と確信したので、これから夢に向かって頑張る子たちも、地道にコツコツ頑張ってほしいです。地元広島に元気を与えられるように、頑張ります!」

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related