「何も悲しむことはない」決勝で敗れ銀メダル獲得のボンドルソバ [東京2020]

無観客の中、決勝を戦ったマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)の女子シングルス決勝でマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)は第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に5-7 6-2 3-6で敗れ、銀メダルを獲得した。

 「アメージングな気持ち。今日は少しタフで疲れていたけど、どちらもいいプレーをした。勝てるのはどちらかだけ。でも銀メダルを手にできるのでハッピーよ。悲しくはない」

 ベリンダが何度もタイムアウトを取った。それでリズムを失ったのか。

「彼女には権利があるし、そうしただけ。彼女テニスの試合では起こるもの。彼女はいいプレーをしたし、私に何も問題はなかった」


銀メダルを掲げて笑顔を見せるボンドルソバ

 ベリンダとの関係。

「いい友人。よく一緒に練習するし、たくさん話もする。準決勝の前も、今日の決勝の前もいろいろおしゃべりした。いつも連絡を取り合っている。どちらも素晴らしい試合だった。相手がベリンダだったことがうれしいわ」

 ベリンダと対戦することの難しさや彼女の強み。

「すごくスピードが上がっていて、動きがよくなっている。サービスもよかったから、今日は難しかった。私のサービスゲームでもいいプレーをしてきたから、打開するのが難しかった。彼女は素晴らしいプレーをして、自分もこの試合を楽しんだ」

 両選手ともアップダウンのある試合だったが、オリンピックの決勝で緊張したのか。

「いいえ、そうは思わない。アップダウンは試合の中であるもの。レベルの高いプレーがお互いにできたから、何もここで悲しむ必要はない」(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related