内島舞子/西飛奈(白鵬女子)がマッチポイントを2度しのぎ、逆転勝ちから4強進出 [北信越インターハイ]

内島舞子③(右)/西飛奈③(白鵬女子)(写真◎BBM)



 第78回全国高等学校対抗テニス大会および第111回全国高等学校テニス選手権(北信越インターハイ テニス競技/8月2~4日 団体戦、8月5~8日 個人戦/浅間温泉庭球公園、やまびこドーム、信州スカイパーク庭球場/砂入り人工芝コート)の4日目は男子シングルス1〜4回戦、女子ダブルス1〜3回戦と準々決勝が行われた。※本文中の丸数字は学年

 女子ダブルスは2会場に分かれて進行。3回戦の途中で雷が発生した屋外コートの信州スカイパーク庭球場は、試合を一時中断した。おさまるのを待ったが、その後、やまびこドームに移動して試合は再開された。



やまびこドームで行われた女子ダブルス3回戦、武本萌衣③/石川こころ③(相生学院)対宮本雪凪③/半田茜子③(県立岐阜商業)

 女子ダブルスには全国から64組が出場し、この日はその中からベスト4が決まった。1、2回戦は1セットマッチで、3回戦、準々決勝は8ゲームズプロセットで争われた。

   ◇   ◇

 4強に一番乗りしたのは、櫻田しずか②/稲葉梨莉③(静岡市立)だった。1回戦から6-0、6-1、8-1と力強いストロークで相手を圧倒、ボールを叩く音が重くドーム内に響いていた。準々決勝でも勢いは衰えず、近畿高校優勝の山口花音③/堀江ちひろ②(浪速)を8-4で倒した。

 準々決勝を、稲葉は「苦しかった」と振り返った。「最初に2ゲームを離されて、なかなか取り返せなくて。苦しかったけど、攻めることをやめず、守るべきところは守るようにした。そうしたら相手にミスが出てきた」と勝因を語った。


櫻田しずか②/稲葉梨莉③(静岡市立)

 櫻田と稲葉は、2年前の全日本ジュニア16歳以下のダブルスでベスト8が最高成績だという。今回のインターハイでベスト4までたどり着いて、本当は、「“やったあ!”の気持ち。でも、切り替えて優勝を目指します」と喜びはほどほどに気を引き締めた。一日空けて8月7日に行われる準決勝では、あの2年前の全日本ジュニア準々決勝で敗れた相手、内島舞子③/西飛奈③(白鵬女子)が対戦相手になる。

   ◇   ◇

 内島/西は、今大会のトップシード。インターハイ前には関東高校で優勝して大会に乗り込んできた。

 1回戦を6-3、2回戦を6-0で終わらせたあとの3回戦で、あと1ポイントで負けるという崖っぷちに立たされた。埼玉代表の星野桃花③/松田光②(山村学園)に終始リードを奪われて、追いかける展開。そして相手の松田のサービスゲームで、7-6、40-15と2つのマッチポイントを握られた。そこから試合をひっくり返らせ、7-7、8-7、最後は9-7で試合を終わらせた。

 そして準々決勝で、宮本雪凪③/半田茜子③(県立岐阜商業)を8-2と突き放し、4強入りを決めた。

「第1シードが付いて注目されることは多いけど、シードは考えすぎず、楽しく笑顔で自分たちらしくプレーしたい」と内島は言う。インターハイ前に出場した関東ジュニアでは、第1シードで初戦敗退となった。それを思っての言葉だったか。小学生の頃からペアを組み、お互いをよく知っている。ふたりのダブルスの特徴の一つに、西は「内島の早いペースを生かすこと」を挙げた。そんな戦いにも注目したい。


小学生の頃からペアを組む内島舞子③/西飛奈③(白鵬女子)。1年生のときに出場したインターハイはベスト4だった。昨年はコロナ禍で中止に

 内島/西に敗れてベスト8となった宮本/半田は、高校の先輩である田島杏奈/田島亜也奈が2006年インターハイの女子ダブルスで優勝したことに次ぐ好成績を母校に持ち帰る。1回戦では四国高校と四国ジュニアで優勝した村田千紗③/阪口明香③(新田)を6-1で、2回戦では早重果波③/宮本幸奈③(東京学館船橋)を7-6(4)で、3回戦では関西ジュニア優勝の武本萌衣③/石川こころ③(相生学院)を9-8(6)で倒した。2つのタイブレークで強豪を倒した強さも、母校への大きなお土産だ。


宮本雪凪③/半田茜子③(県立岐阜商業)

   ◇   ◇

 団体戦で、関東勢はベスト4に勝ち進めなかった。浦和麗明(埼玉)のベスト8が最高成績。その浦和麗明から金子さら紗③/中川由羅③が4強に名乗りを上げた。関東高校でもベスト4に勝ち進んだが、そこで内島/西に行手を阻まれた。リベンジを果たすには、次の準決勝で川口日菜紗/繁益春音(京都外大西)の2年生ペアを倒さなければならない。


金子さら紗③/中川由羅③(浦和麗明)

 京都外大西は、団体1回戦で敗れた。だが、この個人戦ダブルスで川口/繁益が4強入りを果たし、さらに上にいこうとしている。「ここまできたら絶対優勝したい。3年生にはプレッシャーがある。自分たちは2年生だからプレッシャーはない。思いきりプレーしたい」と川口。挑戦を受ける3年生たちにとっては、こういう2年生たちは脅威だ。


川口日菜紗②/繁益春音②(京都外大西)

 川口と繁益のコンビネーションプレーについて話していると、川口が「いい話をしなくてもいいですか?』と返してきた。「プレーが噛み合わなくて険悪な雰囲気になることがあります。イライラして空気が悪くなって。そのときにトレーナーが、空気が悪いのが悪い、みたいに言われたことがあって、それがヒントになってふたりで変えようと。次のポイントのことを細かく考えるようにしたんです。ミスをしてもそれに意味があると考えて、次のポイントをプレーするようにしました」。そのテニスでいま勝ち上がっているという。準決勝は川口/繁益の2年生ペア対金子/中川(浦和麗明)の3年生ペアだ。

   ◇   ◇

 大会5日目の8月6日は個人戦の女子シングルス1~4回戦が浅間温泉庭球公園で、男子ダブルス1~3回戦と準々決勝がやまびこドームと信州スカイパーク庭球場で行われる。シングルスとダブルスの1、2回戦は1セットマッチ、3、4回戦(ダブルスは準々決勝)は8ゲームズプロセット。試合開始時間は9時の予定。

編集部◎青木和子 写真◎BBM

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

編集部◎青木和子 写真◎BBM

Related