ハレプがポタポワを下して2回戦へ、ジャバーは途中棄権 [クレムリン・カップ]

写真はシモナ・ハレプ(ルーマニア)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「VTBクレムリン・カップ」(WTA500/ロシア・モスクワ/10月18~24日/賞金総額56万5530ドル/室内ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第8シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が自分のサービスゲームを3度ブレークされながらもアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-1 6-4で退けた。

 今年のフレンチ・オープンとウインブルドンをふくらはぎのケガで欠場を余儀なくされたハレプは、約3ヵ月ツアーを離脱したあと8月に復帰してから3試合続けて勝つことができていない。

 2013年チャンピオンのハレプは次のラウンドで、予選を勝ち上がってきた18歳のオクサーナ・セレクメテワ(ロシア)を4-6 7-6(3) 6-4で破って勝ち上がったベロニカ・クデルメトワ(ロシア)と対戦する。

 世界ランク8位で第5シードのオンス・ジャバー(チュニジア)はエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)との初戦に臨んだが、第1セットを1-6で落としたあと第2セット0-1となった時点でリタイアした。本人またはWTA(女子テニス協会)から直ぐには棄権の理由について明かされなかったが、これによりジャバーがWTAファイナルズに出場する可能性はより少なくなった。

 そのほかの試合では第9シードのアネット・コンタベイト(エストニア)、マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)、テレザ・マルティンコバ(チェコ)、アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)が2回戦に駒を進めた。第7シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)はボンドルソバに4-6 4-6で敗れ、初戦でシードダウンを喫した。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related