2022年ファイナルズ予選の組み合わせが決定、日本はアウェーでスウェーデンと対戦 [デビスカップ]

写真は2021年デビスカップ・ファイナルズでのミカエル・イーメル(スウェーデン/左)と監督のロビン・ソダーリング(スウェーデン)(Getty Images)


 男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten」の2022年ファイナルズ予選の組み合わせ抽選が行われ、日本はスウェーデンとアウェーで対戦することが決まった。試合は2022年3月4日(金)と5日(土)の2日間で行われる予定で、会場は未定となっている。

 2020年の予選ラウンド(3月6、7日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)でエクアドルと対戦した日本は0勝3敗で敗れてファイナルズ進出を逃し、今年行われたワールドグループⅠ(3月5、6日/パキスタン・イスラマバード/グラスコート)でパキスタンを4勝0敗で下してファイナルズ予選進出を決めていた。

 スウェーデンは2021年ファイナルズに出場し、グループステージ2位ながら決勝トーナメントに進出して準々決勝でロシアに0勝2敗で敗れた。

 デビスカップは2019年から、国際テニス連盟(ITF)とスペインのサッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体コスモスの協力によって開発された新フォーマットに変更されている。

 24ヵ国がホーム&アウェー方式で争う予選ラウンドはベスト・オブ・3セットマッチで初日にシングルス2試合、2日目にダブルス1試合とシングルス2試合(先に3勝したチームの勝利)で行われる。各対戦に勝利した12ヵ国が、同年のファイナルズに進出する。(テニスマガジン)

※[ ]数字はシード順位、◎は開催国

ファイナルズ予選組み合わせ|3月4、5日

◎フランス[1] vs エクアドル

◎スペイン[2] vs ルーマニア

ベルギー[3] vs ◎フィンランド

◎アメリカ[4] vs コロンビア

-----

カナダ[5] vs ◎オランダ

ドイツ[6] vs ◎ブラジル

イタリア[7] vs ◎スロバキア

◎オーストラリア[8] vs ハンガリー

-----

カザフスタン[9] vs ◎ノルウェー

◎スウェーデン[10] vs 日本

◎アルゼンチン[11] vs チェコ

オーストリア[12] vs ◎韓国

※世界ランクは12月6日付

2021年デビスカップ・ファイナルズでのスウェーデン代表チーム

ミカエル・イーメル(シングルス94位/ダブルス1459位T)
エリアス・イーメル(シングルス170位/ダブルス389位)
ヨナタン・ムリダ(シングルス515位/ダブルス820位)
アンドレ・ゴランソン(シングルス--位/ダブルス65位)
ロベルト・リンドステット(シングルス--位/ダブルス185位)

監督◎ロビン・ソダーリング

日本代表チーム上位選手

錦織圭(日清食品:シングルス47位/ダブルス792位)
西岡良仁(ミキハウス:シングルス81位/ダブルス344位)
ダニエル太郎(エイブル:シングルス125位/ダブルス662位)
杉田祐一(三菱電機:シングルス161位/ダブルス1042位)
内山靖崇(積水化学工業:シングルス201位/ダブルス458位)
マクラクラン勉(イカイ:シングルス--位/ダブルス37位)

監督◎岩渕聡

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related