地元オーストラリアのコキナキスが接戦の末にチリッチを倒し、シングルスでのツアー初優勝に王手 [アデレード国際2]

写真はタナシ・コキナキス(オーストラリア)(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「アデレード国際2」(ATP250/オーストラリア・南オーストラリア州アデレード/1月10~15日/賞金総額49万3875ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝でワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したタナシ・コキナキス(オーストラリア)が第4シードのマリン・チリッチ(クロアチア)との接戦を6-2 3-6 7-6(10)で制し、同種目でのツアー初優勝に王手をかけた。試合時間は2時間38分。

 チリッチは第3セットのタイブレークで2-6と崖っぷちに追い込まれながら5ポイントを連取でひっくり返すとマッチポイントを2本掴んだが、最終的にコキナキスが押しきった。

 25歳のコキナキスがATPツアーで決勝に進出したのは、2017年8月のロス カボス(ATP250/ハードコート)以来で2度目となる。ダブルスでは2度決勝に進出し、ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)とのペアで2017年1月にブリスベン(ATP250/ハードコート)でタイトルを獲得している。

 同胞対決となったもうひとつの準決勝では、アルトゥール・リンデルネック(フランス)が予選勝者のコランタン・ムーテ(フランス)を6-1 6-3で退けた。

 昨年シーズンに初のトップ100入りを果たした26歳のリンデルネックは、ツアーレベルのシングルスでは2021年7月のキッツビューエル(ATP250/クレーコート)でのベスト4がこれまでの最高成績だった。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related