愛央&心央の虫賀ツインズが第3シード撃破でジュニア女子ダブルス8強入り、木下晴結/齋藤咲良は第2シードペアに惜敗 [オーストラリアン・オープン]

写真はイメージ(Getty Images)


 今年最初のグランドスラム大会「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦1月27~30日/ハードコート)のジュニア女子ダブルス2回戦で、虫賀愛央/虫賀心央(ともに名古屋LTC)が第3シードのヤロスラーワ・バルタシェビッチ/セニア・ザイツェワ(ともにロシア)を6-3 6-2で倒してベスト8進出を決めた。試合時間は56分。

 ともにグランドスラム・ジュニア初挑戦で右利きの姉愛央(まお)と左利きの妹心央(みお)の双子コンビは、1回戦でアヤ・エル アオウニ(モロッコ)/アンジェラ・オクトイ(ケニア)を6-1 6-1で下して本戦初勝利を挙げていた。

 虫賀姉妹は準々決勝で、バージニア・フェラーラ/ジョルジア・ペドーネ(ともにイタリア)を6-3 6-1で破って勝ち上がったワイルドカード(主催者推薦枠)のシャーロット・ケンプナー ポッズ/タイラ・プレストン(ともにオーストラリア)と対戦する。

 同じく上位シードペアと対戦した木下晴結(LYNX Tennis Academy 大阪)/齋藤咲良(MAT Tennis Academy)は、第2シードのペトラ・マルシンコ(クロアチア)/ジョアンヌ クリスティン・スベンセン(デンマーク)に6-4 4-6 [11-13]で惜敗した。

 木下/齋藤はマッチタイブレークで2度のマッチポイントを迎えたが、スベンセンのサービスだった9-8の場面ではバックハンドのダウン・ザ・ラインでサイドを抜かれ、11-10の場面では2021年ITFジュニアランキング年末世界ナンバーワンのマルシンコにサービスエースを決められた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

ジュニア女子ダブルス2回戦の試合結果|日本人選手

●30木下晴結/齋藤咲良(LYNX Tennis Academy 大阪/MAT Tennis Academy)6-4 4-6 [11-13] ○32ペトラ・マルシンコ/ジョアンヌ クリスティン・スベンセン(クロアチア/デンマーク)[2]

○12虫賀愛央/虫賀心央(名古屋LTC)6-3 6-2 ●9ヤロスラーワ・バルタシェビッチ/セニア・ザイツェワ(ロシア)[3]

ジュニア女子ダブルス準々決勝の組み合わせ|日本人選手

12虫賀愛央/虫賀心央(名古屋LTC)vs 14シャーロット・ケンプナー ポッズ/タイラ・プレストン(オーストラリア)[WC]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles