2018年チャンピオンの大坂なおみが3年ぶりに出場、1回戦の相手は過去2戦2敗のスティーブンス [WTAインディアンウェルズ]

写真はBNPパリバ・オープンの会場で行われたエキシビションマッチに参加した大坂なおみ(フリー)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月日9~20日/賞金総額836万9455ドル/ハードコート)のドロー抽選が行われ、世界ランク78位の大坂なおみ(フリー)は女子シングルス1回戦で同38位のスローン・スティーブンス(アメリカ)と顔を合わせることになった。

 両者の対戦成績は、2勝0敗でスティーブンスがリード。初対決だった2016年2月のアカプルコ(WTAインターナショナル/ハードコート)準々決勝は6-3 7-5で、2018年10月のWTAファイナルズ(シンガポール・シンガポール/室内ハードコート)のラウンドロビン(グループ内総当たり戦)は7-5 4-6 6-1で、いずれもスティーブンスが勝っている。

 今大会に3年ぶり5度目の出場となる24歳の大坂は、2度目の本戦だった2018年にキャリア初タイトルを獲得。前回プレーした2019年は世界ナンバーワンとして2連覇に挑んだが、4回戦でべリンダ・ベンチッチ(スイス)に3-6 1-6で敗れていた。

 2021年シーズンの大坂は東京オリンピックを含む9大会の参戦に留まり、18勝6敗の戦績を残した。今季の大坂は3回戦敗退に終わったオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)まで6試合しかプレーしておらず、約7週間ぶりの公式戦となる。

 そのほかの日本勢はシングルスに土居美咲(ミキハウス)がダイレクトインしており、初戦の対戦相手はアナスタシア・ポタポワ(ロシア)となっている。予選には本玉真唯(島津製作所)が出場していたが、最終ラウンドで第20シードのヘザー・ワトソン(イギリス)に6-4 2-6 1-6で敗れた。

 ダブルスには第7シードのエイジア・ムハメッド(アメリカ)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)のほか、青山修子(近藤乳業)/アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)と穂積絵莉(日本住宅ローン)/二宮真琴(エディオン)がエントリーしている。

 BNPパリバ・オープンはWTA1000に格付けされる大会で、シングルス69ドロー、ダブルス32ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、SRはスペシャル・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)

女子ダブルス1回戦組み合わせ|日本人選手

16エイジア・ムハメッド/柴原瑛菜(アメリカ/橋本総業ホールディングス)[7] vs 15カテリーナ・シニアコバ/クララ・タウソン(チェコ/デンマーク)

6青山修子/アレクサンドラ・クルニッチ(近藤乳業/セルビア)vs 5キルステン・フリプケンス/サーニャ・ミルザ(ベルギー/インド)[SR]

2穂積絵莉/二宮真琴(日本住宅ローン/エディオン)vs 1ベロニカ・クデルメトワ/エリース・メルテンス(ロシア/ベルギー)[1]

予選結果|日本人選手

予選決勝

●2本玉真唯(日本/島津製作所)6-4 2-6 1-6 ○4ヘザー・ワトソン(イギリス)[20]

予選1回戦

○2本玉真唯(日本/島津製作所)6-3 2-6 6-2 ●1グリート・ミネン(ベルギー)[1]

上位出場選手シード順位|シングルス

バーボラ・クレイチコバ(チェコ)[1]※肘のケガで欠場
アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)[2]
イガ・シフィオンテク(ポーランド)[3]
アネット・コンタベイト(エストニア)[4]
パウラ・バドーサ(スペイン)[5]
マリア・サカーリ(ギリシャ)[6]
カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[7]
ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[8]

※[ ]数字はシード順位

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Pick up

Related

Ranking of articles