女子は松商学園(長野)が野田学園(山口)を下して初優勝!チーム全員で咲かせた大輪の花 [2022高校センバツ]

写真は数々の難局を乗り越え、初優勝を飾った松商学園(長野)(撮影◎上野弘明)


 公益財団法人全国高等学校体育連盟などが主催する「大正製薬リポビタン第44回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/団体戦:3月21~25日◎福岡県福岡市・博多の森テニス競技場、個人戦:3月23~26日◎福岡県福岡市・博多の森テニス競技場博多の森テニス競技場&福岡県春日市・春日公園テニスコート/砂入り人工芝コート)の競技5日目の団体戦は、男女の決勝が行われた。

 女子は第5~6シードの松商学園(長野)が第3シードの野田学園(山口)を3勝2敗で退け、初の決勝進出で優勝を果たした。

「暗いところに花は咲かない」

 笑顔で明るく、楽しんでいなければ、勝利という2文字は訪れない。そして試合は決して苦しいものではないという、松商学園が共有してきた言葉と思いだ。

 東京学館浦安(千葉)、仁愛女子(福井)、四日市商業(三重)、浦和麗明(埼玉)といった強豪を次々と倒し、決勝へ進出した戦いの数々は、チームがその言葉を体現してきた結果と言える。

 シングルス1、ダブルス1、シングルス2が同時にスタートした決勝戦は、前日の準決勝で実力を発揮できなかったと悔やんだダブルス1の金子妃美香/山﨑さくら(ともに2年)がスレートで快勝し、松商学園が先陣を切った。シングルス2の瀬戸祐希奈(1年)も接戦をものにして2勝を先行すると、勢いそのままシングル1の砂田未樹(2年)で押しきるかに見えた。


接戦をものにしたシングルス2の瀬戸祐希奈(松商学園1年)(撮影◎上野弘明)

 しかし野田学園も接戦を乗り越え決勝に進出しただけあり、シングルス1の長谷川晴佳(2年)が尻上がりに調子を上げて砂田をフルセットで下すと、ダブルス2の池畠陽咲/小形寧音(ともに2年)も1セットダウンから逆転勝利をおさめた。

 2勝2敗で並び、シングルス3の𠮷田琴美(松商学園1年)と鈴木香漣(野田学園1年)の戦いに勝敗が委ねられる。

 ファイナルセットにもつれた展開で、松商学園の山田哲生監督と𠮷田が揃ってキーポイントとして挙げたのが、1-3とリードを許した場面だった。ストリングが切れて新しくしたため「フィーリングが変わった」という𠮷田に「それならたくさんラリーしよう。それでも琴美は、十分な体力があるはずだから」と監督は言った。

 コロナ禍で十分な練習ができなかった際、日々のトレーニングを監督に報告しており、その成果を「一番頑張っていたから大丈夫」という言葉で後押しした。

 ラリーが続くうちにフィーリングもよくなってきた𠮷田は、左利きの回り込みフォアを炸裂させる。1ポイントごとに応援してくれるチームメイトを見て奮起すると、5ゲーム連取の6-3でチームの優勝を決めた。


ファイナルセット1-3から5ゲーム連取で優勝を決めたシングルス3の𠮷田琴美(松商学園1年)(撮影◎上野弘明)

 大会を通し、松商学園のヒロインは試合ごとに変わった。先勝してチームを勢い付かせたキャプテンの砂田、接戦を制した金子/山﨑、分水嶺で貴重な勝利を挙げる瀬戸、決勝進出を決めた小坂仁夢(2年)/飯沼有美(1年)、そして𠮷田。

「仲のよさならどこにも負けない自信がある」とチーム全員が声を揃えるように、互いの信頼が見事な調和を見せた。


試合後、涙の𠮷田を温かく迎える部員たち(撮影◎上野弘明)

 山田監督が指導で心がけたのは「プレーヤーズ・センタード」だ。怒ったら選手の心が育たない、圧力で勝ちに向かわせるのではなく、楽しく勝利を目指すチーム作りが結果となった。

 試合後、吉田を温かく迎える部員たち。笑顔と喜びの涙の中に、松商学園は優勝という大輪の花を咲かせた。(ライター◎保坂明美)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


撮影◎上野弘明

Pick up


Related

Ranking of articles