本玉真唯は第8シードのペラに敗れて4強入りならず [WTA125Kカールスルーエ]

写真はオーストラリアン・オープンでの本玉真唯(島津製作所)(Getty Images)


 WTAツアー下部大会の「サン マロ・オープン」(WTA125/ドイツ・バーデン ヴュルテンベルク州カールスルーエ/5月10~15日/賞金総額11万5000ドル/クレーコート)の女子シングルス準々決勝で、本玉真唯(島津製作所)は第8シードのベルナルダ・ペラ(アメリカ)に5-7 5-7で敗れた。試合時間は2時間2分。

 今大会に日本勢で唯一出場した本玉は、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のマリア・ティモフェーワ(ロシア)を6-4 6-1で下し、2回戦は第4シードのグリート・ミネン(ベルギー)が体調不良により棄権したため不戦勝で8強入りが決まっていた。

 本玉はミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)とのペアでダブルスにも出場したが、初戦でヤナ・シジコワ(ロシア)/アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)に6-7(3) 6-7(6)で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Altは繰り上がり出場

日本人選手の試合結果

女子シングルス準々決勝

●11本玉真唯(日本/島津製作所)5-7 5-7 ○16ベルナルダ・ペラ(アメリカ)[8]

女子シングルス2回戦

○11本玉真唯(日本/島津製作所)不戦勝 ●9グリート・ミネン(ベルギー)[4]

女子シングルス1回戦

○11本玉真唯(日本/島津製作所)6-4 6-1 ●12マリア・ティモフェーワ(ロシア)[WC]

女子ダブルス1回戦

●6ミハエラ・ブザネスク/本玉真唯(ルーマニア/島津製作所)[Alt] 6-7(3) 6-7(6) ○5ヤナ・シジコワ/アリソン・バン ウィトバンク(ロシア/ベルギー)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related