----->

前週のトロント1回戦で途中棄権を強いられた大坂なおみがエントリー [ウェスタン&サザン・オープン]

写真はムバダラ・シリコンバレー・クラシックでの大坂なおみ(フリー)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月15~21日/賞金総額252万7250ドル/ハードコート)のドロー抽選が行われ、世界ランク39位(8月8日付)の大坂なおみ(フリー)は女子シングルス1回戦で同45位のジャン・シューアイ(中国)と対戦することになった。

 両者の対戦成績は、3勝2敗で大坂がリード。直近では2018年10月に北京(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の準々決勝で顔を合わせ、大坂が3-6 6-4 7-5で勝っている。

 今大会に5年連続6度目の出場となる24歳の大坂は、ニューヨークで開催された2020年の準優勝がこれまでの最高成績。第2シードとして臨んだ昨年は、3回戦でジル・タイヒマン(スイス)に6-3 3-6 3-6で敗れていた。

 2022年シーズンの大坂はここまで8大会でプレーし、マイアミ(WTA1000/ハードコート)で準優勝するなど13勝7敗の戦績を残している。大坂は前週のトロント(WTA1000/ハードコート)に参戦していたが、カイア・カネピ(エストニア)に対する1回戦を腰のケガを理由に第2セット途中でリタイアしていた。

 そのほかの日本勢は柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)/ジャン(第3シード)、青山修子(近藤乳業)/チャン・ハオチン(台湾)、穂積絵莉(日本住宅ローン)/二宮真琴(エディオン)の3組がダブルスにエントリーしている。

 ウェスタン&サザン・オープンはWTA1000に格付けされる大会で、シングルス56ドロー&ダブルス28ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、SRはスペシャル・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)

女子ダブルス1回戦◎組み合わせ|日本人選手

9柴原瑛菜/ジャン・シューアイ(橋本総業ホールディングス/中国)[3] vs 10チャン・ラティーシャ/サマンサ・ストーサー(台湾/オーストラリア)[SR]と11アンナ・ダニリナ/ベアトリス・アダッド マイア(カザフスタン/ブラジル)の勝者

28青山修子/チャン・ハオチン(近藤乳業/台湾)vs 27ビクトリア・アザレンカ/オンス・ジャバー(ベラルーシ/チュニジア)

5穂積絵莉/二宮真琴(日本住宅ローン/エディオン)vs 6イリナ カメリア・ベグ/マルチナ・トレビザン(ルーマニア/イタリア)

上位出場選手シード順位|シングルス

イガ・シフィオンテク(ポーランド)[1]
アネット・コンタベイト(エストニア)[2]
パウラ・バドーサ(スペイン)[3]
マリア・サカーリ(ギリシャ)[4]
オンス・ジャバー(チュニジア)[5]
アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)[6]
ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[7]
ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[8]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Pick up

Related

Ranking of articles