マイアミ・オープン4回戦で左足首負傷のアンドレスクが検査結果を報告「靭帯が2本切れていた」

写真は女子シングルス3回戦でのビアンカ・アンドレスク(カナダ)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦「マイアミ・オープン」(WTA1000/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月21日~4月2日/賞金総額880万ドル/ハードコート)の女子シングルス4回戦で左足首を負傷したビアンカ・アンドレスク(カナダ)が自身のツイッターを更新し、靭帯が2本切れていたことを報告した。

 第18シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)に対する4回戦でタイブレークの末に第1セットを落としたアンドレスクは第2セット第1ゲームをブレークして2-0とリードしたが、第3ゲームの途中で左足首を負傷して棄権を余儀なくされた。コートに倒れ込んで動けなくなったアンドレスクは立ち上がることができず、車いすでコートをあとにした。

 今大会でのアンドレスクは1回戦でエマ・ラドゥカヌ(イギリス)とのUSオープン女王対決を6-3 3-6 6-2で制し、2回戦で第7シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)を5-7 6-3 6-4で倒す番狂わせを演じ、3回戦ではソフィア・ケニン(アメリカ)を6-4 6-4で破って16強入りを決めていた。

 アンドレスクはツアー初タイトルを獲得した2019年インディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の翌週に初出場したマイアミで3試合を勝ち抜いたあと、アネット・コンタベイト(エストニア)に対する4回戦の途中で右肩のケガを理由に棄権した。彼女はその2年後に決勝進出を果たしたが、アシュリー・バーティ(オーストラリア)との試合中に転倒して足首を負傷してリタイアを余儀なくされていた。

 2019年USオープン優勝者で元世界ランク4位のアンドレスクはケガによる長期離脱とメンタルヘルスの問題による休養を経て復調の兆し見せていたが、3度目のマイアミをまたも負傷による途中棄権で去ることになった。

 負傷したあとにツイッターを通して「今まで感じた中で最悪の痛みだった」と明かしたアンドレスクは、後日投稿した声明文の中で「検査の結果、左足首の靭帯が2本切れていたことが判明しました。どのくらいかかるかはわかりませんが、もっと酷かった可能性もあったとだけ言っておきます」と説明した。

「適切な対処とリハビリをして準備すれば、早めにコートに戻れると楽観的に考えています。リハビリのプロセスは既に始まっており、今後も最新情報をおつたえしていくつもりです」

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles