ジュニアの部でクロスリー真優がシングルス準々決勝進出、次は全豪ジュニア優勝者コルネーワ [フレンチ・オープン]

写真は第41回全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会でのクロスリー真優(東京都TA)(撮影◎佐藤真一)


 今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)のジュニア女子シングルス3回戦で、第8シードのクロスリー真優(東京都TA)が第11シードのテレサ・バレントバ(チェコ)を6-1 6-3で下してベスト8進出を果たした。試合時間は1時間25分。

 ジュニアグランドスラムに2大会連続出場となる16歳のクロスリーは1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したエリジャ・イニザン(フランス)を3-6 6-1 6-1で倒して初勝利を挙げると、前日に行われた2回戦でアレッサンドラ・テオドセスク(イタリア)を6-1 6-2で破って16強入りを決めていた。

 昨年12月にエディー・ハー(ITFグレード1/アメリカ・フロリダ州ブラデントン/クレーコート)とオレンジボウル(ITFグレードA/アメリカ・フロリダ州プランテーション/クレーコート)で優勝してランキングを急上昇させたクロスリーは1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でシード選手としてデビューしたが、単複ともに初戦敗退で大会を終えていた。

 クロスリーは次のラウンドで、エマーソン・ジョーンズ(オーストラリア)を6-1 6-1で破って勝ち上がった全豪ジュニア優勝者で第3シードのアリナ・コルネーワ(ロシア)と対戦する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

大会11日目|女子ジュニアの部

ジュニア女子シングルス3回戦◎試合結果|日本人選手

○33クロスリー真優(日本/東京都TA)[8] 6-1 6-3 ●40テレサ・バレントバ(チェコ)[11]

ジュニア女子シングルス準々決勝◎組み合わせ|日本人選手

33クロスリー真優(日本/東京都TA)[8] vs 48アリナ・コルネーワ(ロシア)[3]

ジュニア女子ダブルス準々決勝◎組み合わせ|日本人選手

1アリナ・コルネーワ/齋藤咲良(ロシア/MAT Tennis Academy)[1] vs 5ジェニー・リム/リリー・テイラー(フランス/オーストラリア)と7ラナー アクア・ストイバー/ミンジー・シュー(イギリス)の勝者

ジュニア女子ダブルス2回戦◎組み合わせ|日本人選手

24石井さやか/小池愛菜(ユニバレオ/Team REC)[4] vs 22マラク・エル アラミ/アヤ・エル アオウニ(モロッコ)

18アナスタシア・グレワ/木下晴結(ロシア/LYNX TA大阪)vs 20ロシツァ・デンチェバ/アリサ・オクティアブレワ(ブルガリア/ロシア)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


撮影◎佐藤真一

Pick up


Related

Ranking of articles