ナダルが13度目の優勝でフェデラーの20タイトルに追いつくことは可能か? [フレンチ・オープン]

今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の15日間に渡る本戦が、日曜日からスタートする。
 
 殴るように打ち込む高く跳ねる左利きのフォアハンド、反射的なリターン、コートを隅から隅までカバーする運動能力、底なしのエネルギーとガッツなどなど、ラファエル・ナダル(スペイン)のフレンチ・オープンにおける前代未聞の覇権に貢献している多くの能力の中で他のものよりも際立っている要素がひとつある。ナダルがここ2年のロラン・ギャロス決勝で倒した相手によれば、それば以下の通りだ。

「(ナダルに対しては)例え自分がベストのテニスを3、4時間プレーしたとしても、もしかしたら十分ではないかもしれないと知りながら試合に臨むことになる。そしそれができたら少しは勝つチャンスが生まれるけど、すべてのラリー、すべてのポイントで自分の限界に挑戦しなければならない」と2週間前にUSオープンでグランドスラム初優勝を果たしたドミニク・ティーム(オーストリア)はAP通信に語った。

「このことが、試合に向かうことを難しくするんだ。それがメンタル的な部分だろう」

 日曜日にフレンチ・オープン本戦が始まれば、ティームを含む男子のドローに入ってるすべての選手たちは34歳のナダルが歴史を追う中で彼を追いかけることになる。

 もしナダルが13回目の栄冠に輝きひとつのメジャー大会の同種目での最多タイトル数の記録を更新することになれば、彼はグランドスラム優勝回数で男子の最多記録を持つロジャー・フェデラー(スイス)の「20」に並ぶことになる。ナダルがフレンチ・オープン以外を制した回数は、USオープンが4回、ウインブルドンが2回、オーストラリアン・オープンが1回だ。

「これまでのフレンチ・オープンの中で、恐らく僕にとってもっとも困難な状況だ」とナダルは金曜日にパリで話した。2020年にはいつもより試合数が不足しており、「スーパースローで重い」新ブランドのボールが採用され、天気予報によると涼しくて雨が多い。

「分かっていると思うけど、僕は戦うためにここにいるんだ。そして可能な限り全力をつぎ込んでプレーするつもりだ」

 今季はもうプレーしないことを決めている39歳のフェデラーに追いつく可能性について尋ねられたとき、ナダルは以前にも述べていた気持ちを口にした。グランドスラム大会タイトル数のリストを登ることは、「自分の頭にこびりついて離れない願望ではない」とナダルは明言している。

「君たちがそういうことに多くの注目を注いでいるのは知っている」とナダルは先週のイタリア国際でこの話題が出た際に釘を刺していた。

「もちろん25のタイトルを手にキャリアを終えられたらいいが、そんなことは起こる訳がないことだ。僕はチャンスを作れるように戦い続けるつもりだよ。実際にキャリアを終えるとき、どうなっているか見てみようじゃないか」とナダルはコメントした。

「僕はただ、テニスを楽しみ続けたい。それだけだ。もしいいプレーをしていればチャンスを手にするだろうし、いいプレーができなければ不可能になるだろう。それだけさ」

 もちろんこの時代にナダル同様、フェデラーとの差を縮めているテニスの偉人がもうひとりいる。それは世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)だ。彼は直近のグランドスラム7大会のうち5つで優勝してタイトル総数を「17」に伸ばしたが、先のUSオープンでは絶対的優勝候補でありながらコートチェンジの際にカッとなって打ったボールを誤って線審にぶつけたために失格となっていた。

 この常軌を逸した年、グランドスラム大会はフレンチ・オープンをもって幕を閉じる。このクレーコートのグランドスラム大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックのために本来の5月から延期されていた。

「ロラン・ギャロスは最後のグランドスラム大会、今季最後のチャンスだ。我々は皆、誰が優勝候補かは知っている。言うまでもなく、それはナダルだ。そしてキャリア全体を通して彼がそこでやってのけたすべては、恐らく一選手によってコート上で成し遂げられたもっとも印象的な記録だ。彼はここで、1、2回しか負けたことがないのだから」とジョコビッチはライバルに賛辞を送った。「だからこの大会の優勝候補の筆頭は、もちろん彼だよ」。

ロラン・ギャロスでのナダルの強さの秘密とは?

 ナダルはフレンチ・オープンでプレーした95試合のうち93勝を挙げており、ここ21試合で連勝している。では何故彼が、これほどまでに支配的であり続けているのか?

「彼は信じられないほど素晴らしいテニスプレーヤーだ。恐らくクレーコートでは、他のサーフェスよりも余計に優れているよ」とティームは説明した。「彼は左利きで、それが有利に働いている。それからフォアハンド、クレーコートでのトップスピンが彼との対戦を難しくする」。

 ティームはそのことを認識し、ナダルのテニスのそれらの要素を模倣できるよう願っている。他の選手たちにとっても同じだ。

 例えばローマで、グランドスラム大会を2度制した実績を持つシモナ・ハレプ(ルーマニア)と彼女のコーチのひとりであるアルテモン・アポストゥ エフレモフ氏は、ナダルのトレーニングを食い入るように見ていた。

「我々は彼のボールの打ち方、加速、彼がコート上で持つエネルギー、彼がいかにして100%で練習を行っているかを見ていました。それは常にインスピレーションです」とアポストゥ エフレモフ氏は明かした。「コート上でのこの献身と集中力は、間違いなくシモナにも取り入れることができるものです」。

 前哨戦のイタリア国際に参戦したナダルは、準々決勝で敗れた。それはフレンチ・オープンに向けての理想的な形ではなかったし、これまでの彼が慣れ親しんだ通常の準備でもなかった。恐らく彼は、そういったことが起こりえると感じていたのだろう。というのも彼はその対戦前に、大きな期待なく大会に戻ったことについて話していたからだ。

 それでもフレンチ・オープンでのナダルは、どの大会の誰とも違っている。

「彼がどう感じていようと、彼はきっと道を見出すだろう」と2019年オーストラリアン・オープン準決勝進出者で第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)は言った。

「彼は毎年、常に道を見つけ出す。クレーコートは彼のサーフェスだ。彼がよい活躍をすると、僕は確信しているよ」(APライター◎ハワード・フェンドリック/構成◎テニスマガジン)

※写真は会場で練習中のラファエル・ナダル(スペイン)
PARIS, FRANCE - SEPTEMBER 25: Rafael Nadal of Spain during a training session at Roland Garros on September 25, 2020 in Paris, France. (Photo by Martin Sidorjak/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録