内山靖崇が日本勢で唯一予選決勝へ、第3シード撃破 [ウェスタン&サザン・オープン]

ATPツアー公式戦の「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/アメリカ・ニューヨーク/8月22~28日/賞金総額467万4780ドル/ハードコート)の予選1回戦で、内山靖崇(積水化学工業)が第3シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)を6-4 7-6(5)で倒して本戦入りに王手をかけた。試合時間は1時間43分。

 内山は予選決勝で、アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を6-3 6-4で破って勝ち上がった第13シードのリカルダス・ベランキス(リトアニア)と対戦する。

 そのほかの日本勢は、第24シードの杉田祐一(三菱電機)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)に6-7(3) 3-6で、ダニエル太郎(エイブル)は第1シードのジル・シモン(フランス)に3-6 3-6で敗れた。

 この大会は本来であればオハイオ州シンシナティで開催されるが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響で今年は例外的にUSオープン(8月31日~9月13日)の会場であるUSTAビリー ジーン・キング・ナショナルテニスセンターで行われることになった。

 予選はシングルス48ドローで争われ、2試合を勝ち上がった12人が本戦への切符を手にする。

 世界ランク31位の錦織圭(日清食品)がシングルスにエントリーしていたが、ウイルス検査で陽性と診断されたため出場を取り消した。(テニスマガジン)

※写真はオーストラリアン・オープンでの内山靖崇(積水化学工業)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録