「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~2月2日/ハードコート)でラファエル・ナダル(スペイン)に対する男子シングルス4回戦に向かうとき、ニック・キリオス(オーストラリア)はレイカーズのNo.8のシャツを着て、コービー・ブライアントに畏敬の念を捧げた。

 15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)はダブルスの試合の際に、『マンバ・メンタリティ(マンバはブライアントの愛称で、彼のバスケットボールに取り組む姿勢を示している)』という文字とともに、ブライアントの背番号8と24が書かれたシューズを履いていた。

 ロサンゼルス近くで起きたヘリコプター事故によるブライアントの突然の死は、ファンと世界中のアスリートたちにショックと悲しみを与えた。その事故では、彼の13歳の娘を含めた他の8人の人々も命を落としていた。

 ナダルに4セットの闘いの末に敗れたあと、24歳のキリオスは試合後のインタビューで、ブライアントの背番号のひとつである24のシャツを身に着けて現れた。

「今朝起きてニュースを聞いて、かなり感情的になった。一日中、かなり重かった」とキリオスは心境を明かした。「僕は家にバスケットボールを持っていて、よく試合を見ていたんだ。重かった。ただただ辛いよ」。

 練習の際に頻繁にバスケットのユニフォームを身に着けているNBAの大ファンであるキリオスは、ロッカールームからブライアントのユニフォームを身に着けて出発した。そして彼はチャンピオンの廊下を抜けて、ウォームアップのためロッド・レーバー・アリーナに入っていった。彼は第1シードのナダルに対する試合が始まる前に、そのユニフォームを脱いだ。

「コービーに会ったことは一度もないが、バスケットボールは事実上、僕の生活の一部なんだ。記憶にある限り、小さいときからバスケットを観ていた」とキリオスは言い、この悲劇をモティベーションとして使おうと努めたと言い添えた。

「彼が支持していたこと、彼がそれゆえに覚えていてもらいたかっただろうことを見れば、それが今夜の僕を助けたと思う。第4セットでワンブレークダウンだったとき、僕はそのことを考え、反撃した」

 観客席のファンたちの多くも、No.8と24のブライアントのユニフォームを身に着けていた。オーストラリアン・オープン主催者はここ2週間でもっとも待ちわびられた対戦のひとつであるその試合前に、ブライアントに捧げる短いビデオを流した。

 シモナ・ハレプ(ルーマニア)のコーチでテレビ解説者としても働いているダレン・ケーヒル(オーストラリア)は、朝起きてブライアントの死のニュースを聞いたときに気分が落ち込んだと言った。

「彼がアスリートして、プロとして、驚くべきバスケットボール選手としてやっていたことを私は尊敬していた」とケーヒルはコメントした。「特に彼の娘もいっしょに亡くなった。これ以上悪いことは考えられない。私にもふたりの子供がいる、彼らは18歳と15歳だ。(どうしてこんなひどいことが起こるのか)理解できない」。

 元選手でTV解説者のレネ・スタブス(オーストラリア)は、ブライアントは大のテニスファンだったと言った。

「彼をUSオープンで頻繁に見かけたわ。昨年、何度も来ていた」とスタブスは語った。「彼はESPNのセットに何度も来ていた。私たちのチームと、ココ・ガウフの試合の半分でゲスト解説したのよ。彼が試合後、セレナ(・ウイリアムズ)と話しているのも見たわ」。

「スポーツの世界にとって痛ましい日だわ。彼は偉大な名選手のひとりだった」

 15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)は昨年のUSオープン4回戦で敗れ、今回のオーストラリアン・オープンでは大坂なおみ(日清食品)を倒したが、そのあとの4回戦でソフィア・ケネン(アメリカ)に敗れた。彼女は同じく10代のキャサリン・マクナリー(アメリカ)と組んだダブルスでまだ勝ち残っており、ガウフとマクナリーはともにシューズに碑銘を書いていた。

 ほかの何人かのプレーヤーも、このニュースに影響を受けていた。

「今朝は本当に辛かった。目が覚めて、いくつかのメッセージが来ていて、最初に知ったのがそのことだった。その話を知ったとき、本当に悲しかった。彼は僕が尊敬しながら育った人であり、非常に特別な人だったから」と第10シードのガエル・モンフィス(フランス)はドミニク・ティーム(オーストリア)に敗れたあとに打ち明けた。

「正直に言うが、そのことに心をかき乱された。僕にとってすごく大きな意味を持つことだったから。彼の家族に心からお悔やみとお祈りを送りたい」

(APライター◎デニス・パッサ/構成◎テニスマガジン)

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)と4回戦を戦うため、ロッド・レーバー・アリーナへ入場するニック・キリオス(オーストラリア)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 27: Nick Kyrgios of Australia walks onto Rod Laver Arena wearing a number 8 Kobe Bryant Jersey ahead of his Men's Singles fourth round match against Rafael Nadal of Spain on day eight of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 27, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

テニマガ・テニス部|部員限定記事


This article is a sponsored article by
''.