2020-03-04

記録

望月慎太郎がチャレンジャー大会2戦目でシングルス初勝利 [モンテレイ・チャレンジャー]

ATPツアー下部大会の「GNP保険オープン」(チャレンジャー100/メキシコ・ヌエボ レオン州モンテレイ/3月2~8日/賞金総額10万8320ドル/ハードコート)でチャレンジャー大会2戦目に臨んだ元ジュニア世界ランク1位の望月慎太郎(Team YUKA)が、シングルスで初のマッチ勝利を挙げた。

 今大会にワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦した望月は1回戦で同じくワイルドカードで出場したフアン アレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)を6-3 4-6 6-2で破って初勝利を挙げたあと、2回戦で第4シードのリカルダス・ベランキス(リトアニア)に5-7 4-6で敗れた。

 2週間前にクエルナバカ(チャレンジャー80/ハードコート)でチャレンジャー大会にデビューした望月は、カルロス・ゴメス エレーラ(スペイン)とのダブルスで準優勝を果たしたが、シングルスは初戦敗退に終わっていた。

 16歳の望月は昨年7月にウインブルドン・ジュニアの男子シングルスで日本人選手として初のチャンピオンに輝き、同年9月にはジュニアデビスカップ(男子16才以下国別対抗戦)ではエースとして単複11試合に全勝して日本を9年ぶりの世界一に導いた。

海外ツアー2020日本人選手:男子|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の試合結果

男子シングルス2回戦

●45望月慎太郎(日本/Team YUKA)[WC] 5-7 4-6 ○48リカルダス・ベランキス(リトアニア)[4]

男子シングルス1回戦

○45望月慎太郎(日本/Team YUKA)[WC] 6-3 4-6 6-2 ●46フアン アレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)[WC]

※写真は昨年のUSオープン・ジュニアでの望月慎太郎(Team YUKA)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録