今季無敗のジョコビッチが同大会で5度目のタイトル獲得、チチパスは2年連続準優勝 [ドバイ選手権]

ATPツアー公式戦の「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(ATP500/アラブ首長国連邦・ドバイ/2月24~29日/賞金総額295万420ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-3 6-4で下し、同大会で5度目となる優勝を遂げた。

 決勝に至るために3つのマッチポイントを凌がなければならなかったジョコビッチだが、この日の彼はチチパスに対してよりスムースに仕事をやってのけた。

 17度グランドスラム大会を制した男は新設のATPカップでセルビアを栄冠に導き、記録更新となる8度目のオーストラリアン・オープン優勝を果たした。この勝利でジョコビッチは、今年に入ってからの無敗の進撃を継続させた。

 ツアー通算79勝目を挙げたジョコビッチは、ラファエル・ナダル(スペイン)の獲得タイトル総数まであと5つと迫った。ナダルは現在アカプルコでプレー中で、決勝でテイラー・フリッツ(アメリカ)と対戦することになっている。

ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権2020|PHOTOアルバム

 しかしジョコビッチは、金曜日にほとんど負けかけたのだ。彼は準決勝で第3シードのガエル・モンフィス(フランス)に激しく追い立てられ、最終的に才能溢れるが不安定なモンフィスに対する戦績を17勝0敗に更新する前に3つのマッチポイントをセーブしなければならなかった。反対に今回は、試合の大部分で舵をその手に握っていた。

 一度サービスゲームを落としはしたものの、ジョコビッチは21歳のチチパスに対するこの決勝で手にした3つのブレークポイントのすべてをものにし、対戦成績で3勝2敗と勝ち越した。

「この瞬間を全身で受け止め、自分がこうしていられる状況に感謝したい」と32歳のジョコビッチは語った。「これは僕のキャリアで最高のシーズンのスタートのひとつだ。凄くいい感じでコートに立てているよ。僕はハードコートで素晴らしいテニスをプレーしてきた。ハードコートは僕がもっとも成功をおさめてきた、もっとも気に入っているサーフェスなんだ」。

 ドバイの決勝においては今現在、グランドスラム大会優勝歴20回のロジャー・フェデラー(スイス)のみがジョコビッチを倒したことがある。それは2015年のことだった。膝の手術を受けてタイトル防衛がかかった今大会を欠場したフェデラーは、グラスコートでの復帰を目指して回復に努めている。

 今年のフレンチ・オープンで、ジョコビッチは18回目のグランドスラム制覇を目指すことになる。2020年の勢い溢れるスタートぶりから、彼はロラン・ギャロスでもナダルを脅かし得るチャレンジャーだとみなされている。

「僕はただ、現在自分の調子がよくていいプレーができていることに感謝している」とジョコビッチはコメントした。「予想については考えないようにしているよ」。

7年ぶり5度目の優勝を果たしたノバク・ジョコビッチ(セルビア)
DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 29: Novak Djokovic of Serbia celebrates with the trophy after winning his men's final match against Stefanos Tsitsipas of Greece on Day 13 of the Dubai Duty Free Tennis at Dubai Duty Free Tennis Stadium on February 29, 2020 in Dubai, United Arab Emirates (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

 世界ランク6位のチチパスは昨年の大会でも決勝まで勝ち進んだが、フェデラーに敗れていた。

 先週のマルセイユで1セットも落とすことなく優勝していたチチパスは、ここで2大会連続での――そしてキャリア6度目の――タイトルを逃した。

「懸命に頑張った末に望んでいる最終結果を得られないというのは、とても残念なことだよ」とチチパスは悔しさを滲ませた。「もちろん、僕は自分があのトロフィーを掲げているところを見たかったよ」。

 ダブルス決勝も行われ、ジョン・ピアース(オーストラリア)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)が第4シードのレイブン・クラーセン(南アフリカ)/オリバー・マラック(オーストリア)を6-3 6-2で下してコンビ初優勝を飾った。(C)AP(テニスマガジン)

※トップ写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 29: Novak Djokovic of Serbia celebrates after winning his men's final match against Stefanos Tsitsipas of Greece on Day 13 of the Dubai Duty Free Tennis at Dubai Duty Free Tennis Stadium on February 29, 2020 in Dubai, United Arab Emirates (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録