シフィオンテクのコーチに2020年WTA最優秀コーチ賞の栄誉

写真はフレンチ・オープン優勝後にチームと喜びを分かち合うイガ・シフィオンテク(ポーランド/左から2人目)、右端がコーチのピオトル・シェルツプトウスキー氏(Getty Images)

WTA(女子テニス協会)が公式サイトを通して2020年シーズンのWTA最優秀コーチ賞を発表し、WTAコーチプログラムのゴールドメンバーでイガ・シフィオンテク(ポーランド)を指導するピオトル・シェルツプトウスキー氏が選ばれた。

 同賞は3年前に創設され、2018年が大坂なおみ(日清食品)をUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)優勝に導いたサーシャ・バイン氏、昨年はアシュリー・バーティ(オーストラリア)を世界ランク1位に押し上げたクレイグ・ティザー氏が受賞していた。

 2016年からシェルツプトウスキー氏の指導を受けるシフィオンテクは2018年ウインブルドンでジュニアの部のタイトルを獲得し、今シーズンはフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)を1セットも落とさず制してツアー初優勝をグランドスラム大会で達成する快挙を成し遂げた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related