大坂なおみが準決勝を棄権「連戦続きで肩の違和感が再発した」 [ギップスランド・トロフィー]

ギップスランド・トロフィーの準々決勝で髪をいじる大坂なおみ(日清食品)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「ギップスランド・トロフィー」(WTA500/オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/1月31日~2月6日/賞金総額44万7620ドル/ハードコート)に第2シードとして出場していた世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が、第7シードのエリース・メルテンス(ベルギー)に対する女子シングルス準決勝を棄権した。今週行われた試合で捻った肩が悪化したようだ。


大坂なおみの棄権で決勝進出が決まったエリース・メルテンス(ベルギー)(Getty Images)

 大坂は2018年と昨年のUSオープンで優勝、その間に2019年のオーストラリアン・オープンも制している。2018年頃から「肩にちょっとした違和感が続いている」という大坂は大事をとってグランドスラムの開幕前に小休止を取ることになった。


プロ22年目のカイア・カネピ(エストニア)が2013年以来のツアー決勝進出

 このためメルテンスは不戦勝で勝ち上がり、決勝では第9シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)を6-3 7-6(6)で退けたカイア・カネピ(エストニア)と対戦する。

「このところ、連戦続きで試合が多かったから、ちょっと再発したような感じ。今はオーストラリアン・オープンの前に回復するのに十分な時間がとれることを願っている」と大坂はケガの状況について語った。

  オーストラリアに移動後、14日間の隔離を強いられた選手たちのために主催者は今週6大会を開催している。

 今週、選手たちの宿泊するホテル従業員が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したため24時間の中断期間が設けられ、160人の選手を含む507人が自主隔離を強いられた。その影響で準決勝、決勝の日程が1日遅れとなった。

「私は通常、グランドスラムの直前は大会に出場していない。だから、それが要因だと言える。それでも、今回は試合を組んだほうがいいと思った。みんなも同じように考えていたと思う。今日プレーできなかったのは少し悲しいけど、最終的には正しい判断をしたと思っている」と大坂はケガの要因に触れつつも、前を向いた。(APライター◎ジョン・パイ/構成◎テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related