チチパスがノリーを下して今季2つ目のタイトルを獲得 [リヨン・オープン]

写真はイタリア国際でのステファノス・チチパス(ギリシャ)(Getty Images)

ATPツアー公式戦の「リヨン・オープン」(ATP250/フランス・リヨン/5月17~22日/賞金総額48万1270ユーロ/クレーコート)の男子シングルス決勝で、第2シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)がキャメロン・ノリー(イギリス)を6-3 6-3で倒して今季2勝目を挙げた。試合時間は1時間9分。

 22歳のチチパスがATPツアーでタイトルを獲得したのは、マスターズ初制覇を果たした4月のモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)に続いてキャリア7度目となる。決勝での戦績は7勝9敗だが、ATP250では5戦全勝となった。

 両者は今回が初対戦。3週間前のエストリル(ATP250/クレーコート)に続く決勝に臨んだ25歳のノリーは、3度目のチャンスでツアー初優勝を目指していた。

 今大会でのチチパスは初戦となった2回戦でトミー・ポール(アメリカ)を6-1 6-4で、準々決勝で日本の西岡良仁(ミキハウス)を6-3 6-4で、準決勝では19歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)を4-6 6-3 6-0で破って決勝進出を決めていた。

 これに先立ちダブルス決勝も行われ、第4シードのユ-ゴ・ニス(モナコ)/ティム・プッツ(ドイツ)が第1シードのピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(ともにフランス)に6-4 5-7 [10-8]で競り勝ちエストリルに続く2大会連続制覇を達成した。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related