20歳の田島尚輝がITFツアーのシングルスで2度目の準優勝 [M15コウボラ]

写真は男子シングルス優勝のアントン・マトゥセビッチ(イギリス/右)と準優勝の田島尚輝(やまやコミュニケーションズ)(写真◎本人提供)

国際テニス連盟(ITF)の男子ツアー下部大会「PLAY.FIオープン」(ITFワールドテニスツアーM15/フィンランド・コウボラ/5月24~30日/賞金総額1万5000ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第4シードの田島尚輝(やまやコミュニケーションズ)は第3シードのアントン・マトゥセビッチ(イギリス)に1-6 6-4 0-6で敗れた。試合時間は1時間47分。

 20歳の田島がITFツアーのシングルスで決勝に進出したのは2019年1月の安寧(M15/クレーコート)以来で2度目だったが、初優勝はならなかった。

 今大会での田島は1回戦でラッキールーザーのレーヴィ・サアテラ(フィンランド)を6-4 6-2で、2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のアレクシ・ロフマン(フィンランド)を3-6 7-6(4) 6-4で、準々決勝で第8シードのルカ・カステルヌオーヴォ(スイス)を6-3 6-2で、準決勝では予選勝者のロレンツォ・ロットリ(イタリア)を7-5 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 川上倫平(マイシン)とのペアでダブルスにも出場していた田島は2試合を勝ち上がり、準決勝で第1シードのアレクサンダー・コズビノフ(モルドバ)​/​フランチェスコ・ビラルド(イタリア)に6-3 6-7(4) [8-10]で敗れていた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

日本人選手の試合結果

男子シングルス決勝

●24田島尚輝(日本/やまやコミュニケーションズ)[4] 1-6 6-4 0-6 ○9アントン・マトゥセビッチ(イギリス)[3]

男子シングルス準決勝

○24田島尚輝(日本/やまやコミュニケーションズ)[4] 7-5 6-4 ●26ロレンツォ・ロットリ(イタリア)[Q]

男子シングルス準々決勝

○24田島尚輝(日本/やまやコミュニケーションズ)[4] 6-3 6-2 ●17ルカ・カステルヌオーヴォ(スイス)[8]

男子シングルス2回戦

○24田島尚輝(日本/やまやコミュニケーションズ)[4] 3-6 7-6(4) 6-4 ●22アレクシ・ロフマン(フィンランド)[WC]

男子シングルス1回戦

○24田島尚輝(日本/やまやコミュニケーションズ)[4] 6-4 6-2 ●23レーヴィ・サアテラ(フィンランド)[LL]

男子ダブルス準決勝

●7川上倫平/田島尚輝(マイシン/やまやコミュニケーションズ)6-3 6-7(4) [8-10] ○1アレクサンダー・コズビノフ/​フランチェスコ・ビラルド(モルドバ/イタリア)[1]

男子ダブルス準々決勝

○7川上倫平/田島尚輝(マイシン/やまやコミュニケーションズ)7-5 6-3 ●5アラフィア・​アイエニ/ドミニク・パラン(アメリカ/チェコ)[4]

男子ダブルス1回戦

○7川上倫平/田島尚輝(マイシン/やまやコミュニケーションズ)7-5 6-1 ●8ベネディクト・ヘニング/ルーカス・クライナー(ドイツ/オーストリア)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎本人提供

Pick up


Related

Ranking of articles