「なおみのメッセージはうまく伝わっていない」大坂の会見拒否についてアザレンカ [フレンチ・オープン]

写真はビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を6-4 2ー6 6-3で退けた第15シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が、大坂なおみ(日清食品)の会見拒否について意見を述べた。

「誰もが自分がしたいようにするべき。個人的には彼女と同じ気持ちではない。ただ、彼女のメッセージがうまく伝わっていないんじゃないかと思う。選手、プレス、大会の三者の関係はお互いに助け合って成り立っている。私たちはあなたたちを助け、あなたたちも私たちを助けてくれる。この関係がテニスの発展に欠かせない。あなたたちプレスがテニスをプロモーションしてくれていることには、いつも感謝している」

 選手とプレスがお互いを助け合う関係が大事だと語った。ただ、選手のメンタルの状態が必ずしも会見に出られる状況ではないこともあると主張した。

「でも一つだけ言いたいのは、こちらの選手側の立場が簡単ではないということ。お互いに責任を持って、きちんとこの場に現れて、しっかり受け答えをする責任がある。それと同時に私たちが大変な状態にあることも理解してくれないといけない。その両方のバランスが保たれることが大事。これは彼女が伝えたかったこととは少し違うかもしれないけど、私たちはみんな人間で、メンタル面できついときもあってアップダウンがあるし、お互いをよりよく理解し合うことが大事」

 メディカル、体調面はプライベートの部分もあるため、必ずしも話さなくてもいいと語った。

「以前に私も一度抗議したことがある。自分の体調面はプライベートなことかもしれないし、会見で話すかどうかはすごく繊細な問題。全世界にすべてをオープンにするのは簡単なことじゃないから。とにかく、今よりもよいバランスを見つけられればいい。なおみのようなトッププレーヤーはテニス界にとって大事な存在。彼女は私と同じ考えじゃないかもしれないけど、これをきっかけによりよい関係、バランスになればいいと思う」(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related