西岡良仁がダブルスでグランドスラム大会マッチ3勝目、ルー・イェンシュンとのアジア勢コンビで2回戦へ [フレンチ・オープン]

写真は男子シングルス1回戦での西岡良仁(ミキハウス)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の男子ダブルス1回戦で、ルー・イェンシュン(台湾)/西岡良仁(ミキハウス)がジュリアン・ノウル(オーストリア)/ダビド・ペル(オランダ)を6-4 6-1で退けた。試合時間は1時間11分。

 25歳の西岡と37歳のルーは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。グランドスラム大会でダブルスに8度目の参戦となる西岡は、マッチ3勝目を挙げた。

 シングルスにも出場している西岡は月曜日にジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を6-4 6-2 3-6 7-6(5)で倒し、19歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)に対する2回戦に勝ち進んでいる。

 ルー/西岡は2回戦で、第9シードのケビン・クラウィーツ(ドイツ)/オリア・テカウ(ルーマニア)と対戦する。クラウィーツ/テカウは1回戦で、アリエル・ベハール(ウルグアイ)/ゴンサロ・エスコバル(エクアドル)を6-3 3-6 7-6(5)で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related