より良いダブルスをプレーする方法を教えよう!❸ダブルスドリル

世界トップダブルスとして活躍したボブ&マイクのブライアン兄弟を長年指導、また、スイスのロジャー・フェデラーとスタン・ワウリンカのコーチも務めて彼らをデビスカップ・タイトルへと導き、その年のワールドチーム・テニスの最優秀コーチにも選ばれた、ダブルス指導の名コーチ、デビッド・マクファーソンに「ダブルス」をとことん語り尽くしてもらった。(テニスマガジン2019年7、8月号掲載)



David Macpherson
デビッド・マクファーソン◎1967年7月3日生まれ、オーストラリア・タスマニア出身。アメリカ・フロリダ在住。プロ転向は1985年。2004年現役引退。ATPダブルス最高11位(1992年11月)。インディアンウェルズ優勝を含め、キャリア通算16勝

インタビュー◎ポール・ファイン 翻訳◎木村かや子 写真◎小山真司、Getty Images、本人私物 イラスト◎サキ大地

テーマ4ダブルスドリル
ベースラインプレーのレベルアップが、 ネットプレーのレベルを引き上げる。

Q ボブとマイクが練習で、「52」の違ったダブルスのドリルを行っていると聞きました。ここ何年かを振り返り、どのドリルが彼らにもっとも効果的なドリルでしたか? その理由は?


ブライアン兄弟はベースラインプレーの練習をしっかり行う(写真はイメージ)

A 僕らは何年にもわたり、多くのさまざまなドリルを行ってきた。いくつかは、彼らが子供のときに両親から教えられたものだった。またほかのいくつかは、ダブルスのポイントで起こることを綿密に調整し、研ぎ澄ませていこうとする中で学んでいったものだった。

 ブライアン兄弟をほかのチームと分けていることに、グラウンドストロークがある。多くのダブルス・チームは、反射的なボレー、ポーチ、サービス、リターンの練習をする。でもブライアン兄弟は、非常に安定した、正確なグラウンドストロークの持ち主でもあるんだ。彼らは、ダブルスのドリルにおいて、その部分に多大な注意を払っているんだよ。

 グラウンドストロークをシャープに保つため、練習では、互いに相対してシングルスをプレーしていることに加え、彼らは、2人のネットプレーヤー対2人のグラウンドストローカーの練習を毎日行っている。

 ネットプレーヤーたちはサービスラインの近くにポジションをとって、ベースラインの選手たちにボールを出す。それからそれが、ふたりが前に出たネットプレーヤー対ベースラインプレーヤーの、よいバトルに発展するんだよ。ブライアン兄弟が、ふたりで後方でプレーするのがすごくうまくなったがゆえに、よいグラウンドストロークを擁したふたりのペアと対戦したとき、特にファーストサービスのリターンの際にはふたりともベースラインにとどめておくことができるようになった。また彼ら(ブライアン兄弟)は、自分たちのグラウンドストロークが非常に正確であるがゆえに、リターンさえしっかり返せれば、ふたりのネットプレーヤーに対するときもポイントを取れる可能性は非常に高い、と感じているんだ。



 このドリルでは、ベースラインプレーヤーたちは、ボレーヤーがポイントを取ることができないよう、ネット上の高すぎる位置を通過するボールを打たないこと、そして十分スピードのあるボールを打つことを義務付けている。

 もうひとつ、よくやるドリルは、双方の選手がネットについて、お互いに可能な限り「強く」ボールを叩くんだ。選手たちは、ネットでの対決で自分たちの体を守るための能力、素早い反応、手の使い方を学び、磨くことになる。この練習は、彼らがハンド・アイ・コーディネーション(手と目の協調性)と、反射神経を向上させる助けとなっているんだ。 


4人がネットについてのボレー戦。できる限り強くボールを叩いて素早い反応、手の使い方などを学ぶ


ベースラインプレーを強化すると、相手ペアを後ろに下げることができ、ネットプレーがしやすくなる

Q ジュニア選手にはどんなドリルを薦めますか? また一般的プレーヤーには?

A ジュニアや一般プレーヤーも、多くのクイックボレーのドリルをする必要があるだろう。彼らも、どのようにボールをインターセプトするか(どんなふうにポーチするか)を学ぶためのドリルを行う必要がある。

 ネットプレーヤーは、対戦相手のボールがどこにいくかを頭に思い描いて、それから、それをインターセプトするために、そのボール軌道の中に割って入るところをイメージしなければいけない。ジュニアや一般プレーヤーは、時にフットワーク、自信、そしてボールが入ってくるはずのところに切り込んでいく能力が不十分なことがある。これを十分練習してほしい。プロはそれが本能的に出てくるんだ。


対戦相手のボールがどこにいくかを頭に思い描き、そのボール軌道の中に割って入るところをイメージしよう



テーマ5フットワーク
1ポイントは わずか数秒。 かかとを上げて 絶えず動く。

Q ブライアン兄弟はポイントの間中、常に動いていますが、それはなぜ重要なのですか?

A ブライアン兄弟の評価されるべき特徴は、彼らのエネルギーだと思う。彼らがベタ足で立っているのを目にすることなど決してないよ。私は常に一般プレーヤーたちに、「テニスのポイントはわずか5秒から20秒しか続かないのだから、もしあなたが、たかが20秒の間、かかとを上げて絶えず動いていることができないのであれば、もうプレーをしないほうがいい」と言っている。

 ブライアン兄弟は、非常にエネルギーに満ちているので、ポイント間にさえ動いている。ポイントの間、彼らは自分たちがボールを打っている側でないにも関わらず動き続けている。彼らは、次のボールがどこにいくかを予想しようと努めながら、終始、足を動かし続けているんだ。これは、一般プレーヤーにとって、学ぶべき大きなレッスンだよ。というのもコンスタントに足を動かし続けていれば、より素早くスタートを切ることができるからなんだ。(「❹パートナーとの関係」に続く)


ベタ足はなし。かかとを上げて絶えず動く

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related