個人戦女子ダブルスは内島舞子/西飛奈(白鵬女子)が金子さら紗/中川由羅(浦和麗明)を下して優勝 [北信越インターハイ]

内島舞子(前衛)/西飛奈(神奈川・白鵬女子3年/3年)(撮影◎BBM)


 公益財団法人全国高等学校体育連盟などが主催する「全国高等学校総合体育大会テニス競技第78回全国高等学校対抗テニス大会第111回全国高等学校テニス選手権」(男女団体8月2~4日、男女個人戦:8月5~8日/長野県松本市・浅間温泉庭球公園、やまびこドーム、信州スカイパーク庭球場/砂入り人工芝コート)の個人戦女子ダブルス決勝で、内島舞子/西飛奈(神奈川・白鵬女子3年/3年)が金子さら紗/中川由羅(埼玉・浦和麗明3年/3年)を6-1 6-7(5) [10-8]で下して優勝を飾った。

 今大会での内島/西は1回戦で駒田光音/野中美瑠(愛知・名東3年/3年)を6-3で、2回戦で石橋来沙/小路あかり(福岡・折尾愛真3年/2年)を6-0で、3回戦で星野桃花/松田光(埼玉・山村学園3年/2年)を9-7で、準々決勝で宮本雪凪/半田茜子(岐阜・県岐阜商3年/3年)を8-2で、準決勝では櫻田しずか/稲葉梨莉(静岡・静岡市立2年/3年)を8-4で破って決勝進出を決めていた。

 個人の部は単複ともにトーナメントで争われ、単複ともに2回戦まで1セットマッチ(6-6後はタイブレーク採用)、3回戦から準決勝まで8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレーク採用)、決勝のみ3セットマッチ(最終セットは10ポイントマッチタイブレーク)で行うことを原則としている。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、丸数字は学年

女子ダブルス決勝

○1内島舞子③/西飛奈③(神奈川・白鵬女子)6-1 6-7(5) [10-8] ●53金子さら紗③/中川由羅③(埼玉・浦和麗明)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA

Related