接戦を制したクラーセン/マクラクラン勉が4大会ぶりの勝利で初戦突破 [USオープン]

写真は2019年USオープンでのマクラクラン勉(イカイ)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)


 今年最後のグランドスラム大会「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月30日~9月13日/ハードコート)の男子ダブルス1回戦で、第11シードのレイブン・クラーセン(南アフリカ)/マクラクラン勉(イカイ)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したミッチェル・クルーガー/マイケル・モー(ともにアメリカ)との接戦を6-4 6-7(7) 7-6(5)で制して4大会ぶりの勝ち星を挙げた。試合時間は2時間25分。

 マクラクランとクラーセンのコンビは、今大会が22回目のダブルス出場。今シーズンは7月のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)で8強入りし、8月のワシントンDC(ATP500/ハードコート)ではコンビ2勝目を挙げていた。

 クラーセン/マクラクランは2回戦で、サンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)/アンドレス・モルテーニ(アルゼンチン)とロビン・ハッサ(オランダ)/マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

Related