西岡良仁がデルボニスに競り勝ちイズナーとの2回戦へ [ATPインディアンウェルズ]

写真は西岡良仁(ミキハウス)(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/10月7~17日/賞金総額914万6125ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)がフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)に6-3 3-6 7-6(2)で競り勝った。試合時間は2時間17分。

 今大会に2年ぶり5度目の出場となる26歳の西岡は、本戦で3度プレーして2017年と19年に16強入り。前回開催された2019年は3試合を勝ち上がったあと、ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)との4回戦を第1セット終了後に棄権していた。

 この結果で西岡は、デルボニスとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2015年4月にサラソタ(ATPチャレンジャー10万ドル/クレーコート)の1回戦で一度顔を合わせており、デルボニスが6-4 6-1で勝っていた。

 西岡は次のラウンドで、第20シードのジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。シード勢は初戦がBYEで免除されており、2回戦からの登場となる。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより中止となり、2021年大会は3月から延期されて史上初めて秋に開催されることが決まっていた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related