コロナ感染を克服したサバレンカがUSオープン以来の復帰戦でトムヤノビッチに勝利 [クレムリン・カップ]

写真はアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「VTBクレムリン・カップ」(WTA500/ロシア・モスクワ/10月18~24日/賞金総額56万5530ドル/室内ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第1シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)がアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)を7-6(2) 4-6 6-1で倒してベスト8に進出した。

 上位4シードは1回戦がBYEで免除されており、サバレンカはこの試合が4強入りしたUSオープン以来の復帰戦だった。世界ランク2位のサバレンカは試合を通して10本のサービスエースを決めたが、30本のアンフォーストエラーを犯した。

「彼女(トムヤノビッチ)は久しぶりの試合で最初に対戦するには厳しい相手よ。私は自分を落ち着かせ、それからいいプレーができるようになったわ」とサバレンカは試合後にコメントした。

 3セットでレイラ・フェルナンデス(カナダ)に敗れたUSオープン準決勝を最後に公式戦でプレーしていなかった23歳のサバレンカはインディアンウェルズにエントリーしていたが、大会直前に受けた新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性と診断されたため欠場を余儀なくされていた。

 サバレンカは次のラウンドで、アンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ)を6-4 6-1で破って勝ち上がったエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)と対戦する。

 そのほかの試合では第2シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)がテレザ・マルティンコバ(チェコ)を6-4 4-6 6-3で、第4シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)は予選勝者のベルナルダ・ペラ(アメリカ)を6-2 7-5で下してそれぞれ8強入りを決めた。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related