----->

ナダルが公式戦復帰後マッチ4連勝、コルダは第12シード撃破で2回戦へ [オーストラリアン・オープン]

写真はラファエル・ナダル(スペイン)(Getty Images)


 今年最初のグランドスラム大会「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦1月27~30日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第6シードのラファエル・ナダル(スペイン)がマルコス・ギロン(アメリカ)を6-1 6-4 6-2で下して大会をスタートした。試合時間は1時間49分。

 全豪に9年連続17回目の出場となる35歳のナダルは、2009年にタイトルを獲得。第2シードだった昨年は、準々決勝でステファノス・チチパス(ギリシャ)に6-3 6-2 6-7(4) 4-6 5-7で敗れていた。今季開幕戦のひとつだったメルボルン(ATP250/ハードコート)で約5ヵ月ぶりの公式戦に臨んだナダルは、3試合で1セットも落とさず制して今大会を迎えている。

 四大大会の中で全豪だけ1度しか勝っていないナダルは、優勝すると「ダブルグランドスラム」(4大大会2回以上制覇)の偉業と男子の最多記録を分かち合っているロジャー・フェデラー(スイス)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)を追い抜く21回目のグランドスラム制覇を達成することになる。

 ナダルは次のラウンドで、ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したタナシ・コキナキス(オーストラリア)と予選を勝ち上がってきたヤニック・ハンフマン(ドイツ)の勝者と対戦する。

 そのほかの試合では第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、第10シードのホベルト・フルカチュ(ポーランド)、第16シードのクリスチャン・ガリン(チリ)、第21シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、第28シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)、セバスチャン・コルダ(アメリカ)、ドミニク・コプファー(ドイツ)、タロン・グリークスプア(オランダ)、アドリアン・マナリノ(フランス)、コランタン・ムーテ(フランス)が2回戦に駒を進めた。

 第12シードのキャメロン・ノリー(イギリス)はコルダに3-6 0-6 4-6で敗れ、初戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

男子シングルス1回戦|主な試合結果

○11アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)3-6 7-6(5) 6-3 6-3 ●12エルネスト・エスコビード(アメリカ)[LL]

○16クリスチャン・ガリン(チリ)[16] 6-3 6-4 5-7 6-7(4) 6-3 ●15ファクンド・バグニス(アルゼンチン)

○18セバスチャン・コルダ(アメリカ)6-3 6-0 6-4 ●17キャメロン・ノリー(イギリス)[12]

○19コランタン・ムーテ(フランス)3-6 6-3 6-4 6-3 ●20ルカ・プイユ(フランス)[WC]

-----

○21タロン・グリークスプア(オランダ)6-1 6-4 6-4 ●22ファビオ・フォニーニ(イタリア)

○24パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[21] 6-1 6-2 7-6(2) ●23トマス マルティン・エチェベリ(アルゼンチン)[Q]

○32マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[7] 4-6 6-2 7-6(5) 6-3 ●31ブランドン・ナカシマ(アメリカ)

○43ドミニク・コプファー(ドイツ)6-1 3-6 6-4 6-1 ●44カルロス・タベルネル(スペイン)

-----

○49ホベルト・フルカチュ(ポーランド)[10] 6-2 7-6(3) 6-7(5) 6-3 ●50イゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)

○52アドリアン・マナリノ(フランス)6-4 2-6 3-6 6-2 6-1 ●51ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)

○57カレン・ハチャノフ(ロシア)[28] 3-6 6-3 6-2 7-6(2) ●58デニス・クドラ(アメリカ)

○64ラファエル・ナダル(スペイン)[6] 6-1 6-4 6-2 ●63マルコス・ギロン(アメリカ)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Pick up

Related

Ranking of articles