肘の手術を経たチチパスが1回戦でイーメルにストレート勝利 [オーストラリアン・オープン]

写真はステファノス・チチパス(ギリシャ)(Getty Images)


 今年最初のグランドスラム大会「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦1月27~30日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)がミカエル・イーメル(スウェーデン)を6-2 6-4 6-3で下して大会をスタートした。試合時間は2時間10分。

 全豪に5年連続出場となる23歳のチチパスは、2019年と21年のベスト4がこれまでの最高成績。第5シードとして臨んだ昨年は、ラファエル・ナダル(スペイン)を倒したあとの準決勝でダニール・メドベージェフ(ロシア)に4-6 2-6 5-7で敗れていた。昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)では決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)にフルセットで敗れはしたが、グランドスラム自己最高の準優勝を飾った。

 昨年11月に肘の手術を受けたチチパスは年頭の世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・シドニー/ハードコート)で復帰し、シングルスは2試合をプレーして1勝(相手の途中棄権)1敗の戦績で今大会を迎えている。

 チチパスは次のラウンドで、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-4 4-6 6-3 1-6 6-2で破って勝ち上がったセバスチャン・バエズ(アルゼンチン)と対戦する。

 そのほかの試合では第20シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)、第32シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)、フランシス・ティアフォー(アメリカ)、アルトゥール・リンデルネック(フランス)、アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)、アレックス・モルチャン(スロバキア)、カミル・マイクシャク(ポーランド)、ニック・キリオス(オーストラリア)が2回戦に駒を進めた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

男子シングルス1回戦|主な試合結果

○66アレックス・モルチャン(スロバキア)6-3 7-6(9) 5-7 7-6(6) ●65ロマン・サフィウリン(ロシア)[LL]

○70カミル・マイクシャク(ポーランド)6-1 6-1 7-5 ●69アンドレアス・セッピ(イタリア)

○72アレックス・デミノー(オーストラリア)[32] 3-6 6-3 6-0 6-3 ●71ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)

○85フランシス・ティアフォー(アメリカ)3-6 6-4 6-2 3-6 6-3 ●86マルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)[Q]

○88テイラー・フリッツ(アメリカ)[20] 7-6(8) 6-3 6-2 ●87マクミリアン・マルテレル(ドイツ)[Q]

-----

○93セバスチャン・バエズ(アルゼンチン)6-4 4-6 6-3 1-6 6-2 ●94アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)

○96ステファノス・チチパス(ギリシャ)[4] 6-2 6-4 6-3 ●95ミカエル・イーメル(スウェーデン)

○108アルトゥール・リンデルネック(フランス)7-5 4-6 6-2 3-6 6-3 ●107アレクセイ・ポプリン(オーストラリア)

○109アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)6-3 6-3 6-4 ●110アレックス・ボルト(オーストラリア)[WC]

○126ニック・キリオス(オーストラリア)6-4 6-4 6-3 ●125リアム・ブローディ(イギリス)[Q]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles