「WTAが決断するまでロシア人、ベラルーシ人とは対戦しない」ウクライナのスビトリーナがロシア人選手との1回戦を棄権 [WTAモンテレイ]

写真はカタール・トタルエナジーズ・オープンでのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)(Getty Images)


 3月2日(水)に「GNP保険オープン」(WTA250/メキシコ・モンテレイ/2月26日~3月6日/賞金増額23万9477ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦でロシアのアナスタシア・ポタポワと対戦予定だった第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が、自身のインスタグラムでこの試合を棄権すると発表した。

「現在の情勢について、私たちの組織であるATP(男子プロテニス協会)、WTA(女子プロテニス協会)、ITF(国際テニス連盟)からの正式な発表が行われる必要がある。私たちウクライナ人選手は、ATP、WTA、ITFに対して、IOC(国際オリンピック委員会)が発表したのと同じように、ロシアとベラルーシの選手たちは、国のシンボル、カラー、国旗、国歌などで自国を代表してはならないことをルール化して欲しいと伝えた。それに関連して、私は明日のモンテレイでの試合に出場しない。その後も、WTAなどの組織が必要な決断を下すまではロシア人選手、ベラルーシ人選手との試合にプレーしない。私はロシア人選手を批判するつもりはない。彼らは、私の母国に対する侵攻について何も責任がないから。それよりも、この戦争に対して勇敢にも反対する意思を表明した選手たち、とくにロシアとベラルーシの選手たちには敬意を表したい。彼らのサポートはこの時勢に欠かせないもの」

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles