ATPが2022年シーズン後半に『オフコートコーチング』のトライアルを実施、USオープン期間中も継続

写真はイメージ(Getty Images)


 ATP(男子プロテニス協会)が火曜日に公式サイトを更新し、シーズンの後半を通して『オフコート』コーチングのトライアルを実施すると発表した。このトライアルの間は、ATPツアーの予選および本戦の最中に決められた席からコーチがコーチングを行うことが許されることになる。

 このトライアルは2022年7月11日の週からスタートしてUSオープン期間中にも継続され、11月にイタリア・トリノで開催されるシーズン末のエリート大会「ATPファイナルズ」が終了するまで行われることになる。

 オンコートコーチングやヘッドセットを通してのコーチングなど、近年は様々なコーチングのルールが試されてきた。この発表の結果、シーズン後半を通してATPツアーとUSオープンが既にオフコートコーチングのトライアルを行っているWTAツアーと足並みを揃えることになった。

 プレーヤーとファンが利益を得るために一貫性を保証することに加え、このトライアルの目的はファンの経験をより楽しいものにするための追加的な興味と洞察のポイントを生み出すことでもある。

 トライアルの間、オフコートコーチングは以下の条件下で許可される。

・コーチは大会が指定したコーチ用の席に座らなければならない。

・コーチング(言葉によるもの、言葉を使わないものに限らず)はプレーを妨害せず、対戦相手を邪魔しないという条件下でのみ許される。

・言葉によるコーチングは、自分の選手のコートサイドがコーチの席と同じ側であるときにのみ許される。

・手によるジェスチャーなど仕草によるコーチングはいつでも許される。

・コーチはいかなる理由であれ(トイレ休憩など)選手がコートを離れたときに選手と話すことはできない。

・以上の規則に違反したり、規則を誤用または悪用した者は罰則と罰金を課せられる。

 このトライアルは2022年シーズンの終りに関与した複数のカテゴリーの人々によって評価され、続くシーズンにオフコートコーチングを許可するか否かを決めることになる。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles