順延試合はメルテンスとワトソンが勝利、ボトムハーフの女子シングルス2回戦がすべて終了 [ウインブルドン]

写真はヘザー・ワトソン(イギリス)(Getty Images)


 今年3つ目のグランドスラム大会「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)で日没順延となっていた女子シングルス2回戦2試合が行われ、エリース・メルテンス(ベルギー)とヘザー・ワトソン(イギリス)が勝利をおさめた。

 第24シードのメルテンスが第2セット終了後に中断していた試合でパンナ・アドゥヴァーディ(ハンガリー)を3-6 7-6(5) 7-5で振りきり、再開直後のゲームをブレークしたワトソンは僅か1ゲームをプレーしただけでワン・チャン(中国)を7-5 6-4で退けた。

 3回戦ではメルテンスが第15シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)と、ワトソンはカーヤ・ユバン(スロベニア)と対戦する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

女子シングルス2回戦|主な試合結果

○88エリース・メルテンス(ベルギー)[24] 3-6 7-6(5) 7-5 ●86パンナ・アドゥヴァーディ(ハンガリー)

○116ヘザー・ワトソン(イギリス)7-5 6-4 ●114ワン・チャン(中国)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles