ジョコビッチが自国の後輩キツマノビッチを退け4回戦へ [ウインブルドン]

写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)(Getty Images)


 今年3つ目のグランドスラム大会「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス3回戦で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第25シードのミオミル・キツマノビッチ(セルビア)との同胞対決を6-0 6-3 6-4で制してベスト16に進出した。試合時間は1時間53分。

 ウインブルドンに2年連続17回目の出場となる35歳のジョコビッチは、これまでに6度(2011年、14年~15年、18年~19年、21年)タイトルを獲得。2年ぶりに開催された昨年はマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を6-7(4) 6-4 6-4 6-3で倒し、グランドスラム大会で20回目の栄冠に輝いた。

 2022年シーズンのジョコビッチは新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン未接種によりここまで6大会の参戦に留まり、5月のローマ(ATP1000/クレーコート)で優勝するなど16勝5敗の戦績で今大会を迎えている。

 ジョコビッチは次のラウンドで、ティム・ファン ライトフォヘン(オランダ)と対戦する。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したファン ライトフォヘンは第22シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)を6-4 6-3 6-4で退け、初のグランドスラム本戦で3連勝を飾った。

 そのほかの試合では第23シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)がアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)を3-6 7-6(1) 7-6(3) 6-4で、第30シードのトミー・ポール(アメリカ)はイリ・ベセリ(チェコ)を6-3 6-2 6-2で倒してそれぞれ16強入りを決めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

男子シングルス3回戦|主な試合結果

○1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-0 6-3 6-4 ●8ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)[25]

○13ティム・ファン ライトフォヘン(オランダ)[WC] 6-4 6-3 6-4 ●9ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[22]

○41フランシス・ティアフォー(アメリカ)[23] 3-6 7-6(1) 7-6(3) 6-4 ●45アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)

○57トミー・ポール(アメリカ)[30] 6-3 6-2 6-2 ●62イリ・ベセリ(チェコ)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles