プリプーチ/内島萌夏は準決勝で第1シードペアにストレート負け [チェンナイ・オープン]

写真はウインブルドンでの内島萌夏(フリー)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦の「チェンナイ・オープン」(WTA250/インド・タミルナードゥ州チェンナイ/9月12~18日/賞金総額25万1750ドル/ハードコート)の女子ダブルス準決勝で、ピアンタン・プリプーチ(タイ)/内島萌夏(フリー)は第1シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ルイーザ・ステファニー(ブラジル)に3-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間1分。

 プリプーチと内島のコンビは、今回が2度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ8月のコンコード(WTA125K/ハードコート)では3試合を勝ち抜き、決勝で敗れはしたが準優勝を飾っていた。

 今大会でのプリプーチ/内島は1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したシャルマダ・バルー/リヤ・バティア(ともにインド)を6-2 7-5で、準々決勝ではユスティナ・ミクルスキテ(リトアニア)/エミリー・ウェブリー スミス(イギリス)を6-2 6-0で破って4強入りを決めていた。

 内島はシングルスにも出場していたが、1回戦で第3シードのマグダ・リネッテ(ポーランド)に4-6 0-6で敗れていた。これは21歳の内島にとって、同種目でのツアー本戦デビュー戦だった。

 ダブロウスキー/ステファニーは決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したユージェニー・ブシャール(カナダ)/ヤニナ・ウイックマイヤー(ベルギー)が第2セット途中で棄権したため勝ち上がったアンナ・ブリンコワ(ロシア)/ナテラ・ザラミゼ(ジョージア)と対戦する。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Pick up

Related

Ranking of articles