あらゆる場面で「タフ」な選手を目指して! 【リポビタンPresents伊達公子×YONEX PROJECT 2期生第6回キャンプ】

伊達公子の想いが詰まった2日間のキャンプをこなしたジュニア選手とコーチ・トレーナー陣


 元世界4位の伊達公子が、世界で戦う女子ジュニア育成のためにヨネックスと共に立ち上げた「リポビタンPresents伊達公子×YONEX PROJECT~Go for the GRAND SLAM~」の2期生第6回キャンプが、9月20日〜21日の2日間、神奈川県・荏原湘南スポーツセンターにて開催された。

  台風の影響で初日の午後からのスタートになったが、2期生に選ばれた8名のうち7名が参加(網田永遠希は試合があり2日目の午後から参加、木河優は遠征につき欠席)し、セミナー、フィジカルトレーニング、オンコート練習というメニューで行った。

  スタッフとしては、プロジェクトとして伊達、浅越しのぶ、石井弥起、近藤大生がコーチとして、川田真琴(R-body project)がトレーナーとして参加し、日本テニス協会から植田実氏、土橋登志久氏、中山芳徳氏、手塚玲美氏、渡邉準氏、館崎雅治トレーナーが参加し、きめの細かい指導を繰り広げた。


ディスカッションしつつ、セミナーは進行する

 今回、テーマとなったのは「タフさ!」。

 この夏、伊達が視察した全日本ジュニアや、全米オープンジュニアの試合を経て感じた、体力、技術、メンタルといったあらゆる意味での「タフさ」の必要性を、色々な側面から伝える形となる。

「試合になると普段の練習とはプレーの質も変わってくるし、課題も浮き彫りになる。もちろんすんなり決まるポイントもあったでしょうが、そういう中でも相手へのプレッシャーのかけ方など、色々な意味でしつこさが必要になってくる」と、テーマの意図を語った。


色々な意味でしつこさが必要になるという伊達公子

  セミナーでは、ダブルスのポジショニングに始まり、伊達が現役時代、グラフの逆クロスを封じるために磨いたというダウンザラインへの展開や、サーブ、リターンといった1本目のショットの重要性について、中山氏とともに解説した。

  フィジカルでは、川田、館崎両氏が、体幹の強化、股関節の柔軟性を高めるものや、クイックネス、アジリティにメディシンボールのスローイングを取り入れた、ラリーからの切り返しをイメージしたメニューとなっており、体作りにおいてもテーマに添った内容だ。


メディシンボールを使ったフィジカルトレーニングメニュー

  初日は、同じペアでダブルスのゲームを行い、各コートにコーチがついてアドバイスを行った。チェンジエンドはもちろん、場合によってはポイント間でも気づいたら止めて指導。「あの時はこうするべきだった」と言われても、思い出せないという状況ではなく、すぐに修正するためだ。

 2ndサーブのリターンでは「もっと前で叩いてプレッシャーをかけよう」とアドバイスがあったり、ボレーヤーの位置について指導したりと活気に溢れ、時には動画を撮って説明するなど、気づいたところをすぐに修正していった。


ダブルスの課題点を即座にアドバイスする

 
 2日目はクロスラリーからストレートへ展開するドリルを徹底して行った。時間を奪うことが大きな目的となるので、ポジショニングを下げずにいることも重要だ。

  これについて、木下晴結は「ストレートへの展開は、ホームコートでも練習しているのですが、時間を奪うという考えがすごくはまりました。そのためにいいところに動いて、いい打点で打たないといけないんだなって。ホームに戻って早くコーチと練習したい」と、目を輝かせた。


時間を奪うストレートを磨きたいと語った木下

 また、今回はユニークな練習法も行われた。シングルスのゲームをしている中、これまでの流れに関係なく、伊達が掲示したスコアからポイントを始めるというものだ。突然、優勢が劣勢に、劣勢が優勢にもなる中、動じることなく、トライし続けることができるかが、試された。

 「メンタル的なタフさ、技術的なタフさは、ジュニア時代ならなおさら繰り返しの練習が必要になる」と伊達は言う。漫然とボールを打ってエースかミスかというものではなく、どんな状況下においても常に考えながらポイントを始められるかが重要になる。

  石井は「今まで試合では自分のやりたいことだけやっていたので、自分だけじゃなく、相手のことをどう崩すかということをもっと考えたいし、相手の状況を見極めていきたい」と新たな考えに至ったようだ。


石井(右)は「相手のことも見て試合をしていきたい」と語った

 この秋、彼女たちは、国体、海外のITFジュニア、選抜高校テニスの予選、全国大会等、それぞれのステージで戦うことになる。コートサーフェスや、自然環境、もちろん対戦相手も様々だ。このキャンプで学んだ「タフさ!」が発揮されるだろうか? 活躍に期待したい。
 

★★★参加メンバー★★★

■石井心菜(12)
いしい・ここな 2010年3月10日生

■木下晴結(15)
きのした・はゆ 2006年10月27日生

■網田永遠希(16) 
あみた・とわき 2006年5月25日生

■林妃鞠(16) 
はやし・ひまり 2006年7月13日生

■添田栞菜(16)
そえだ・かんな 2006年9月11日生

■岸本聖奈(15) 
きしもと・せいな 2006年10月6日生

■古谷ひなた(16)
ふるたに・ひなた 2006年8月8日生


↓詳細はこちら↓
 伊達公子×YONEX PROJECT特設サイト

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


Pick up


Related

Ranking of articles