クロアチアが世界トップ2のアルカラス&ナダルを欠くスペインを倒して準決勝進出 [デビスカップ・ファイナルズ]

写真はスペインに対する準々決勝の第1試合で勝ち星を挙げたボルナ・チョリッチ(クロアチア)(Getty Images)


 男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」決勝トーナメント(スペイン・マラガ/11月22~27日/室内ハードコート)の2日目は準々決勝1対戦が行われ、第1シードのクロアチア(グループA・2位)が第2シードのスペイン(グループB・1位)を2勝0敗で下してベスト4進出を決めた。

 第1試合でボルナ・チョリッチ(クロアチア)がロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を6-4 7-6(4)で退け、第2試合のエース対決でマリン・チリッチ(クロアチア)がパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)に対して5-7 6-3 7-6(5)で劇的な逆転勝利をおさめた。シングルス2試合で決着がついたため、ダブルスの試合は行われなかった。

 幸先のいい1勝目を挙げたチョリッチは、「今日はサービスが凄くよかった。恐らくここまでいいサービスを打てたのはシンシナティ以来じゃないかな。だから明らかにプレーしやすかった。サービスキープに自信があれば、レシーブゲームでもリラックスできるからね。それが違いを生み出したんだ」と試合を振り返った。

「そして全般的に見て、僕は非常に賢くプレーできていた。攻めるべきときに攻撃し、ディフェンスする必要があるときに守備的にプレーした。またリズムを混ぜて緩急をつけることもできていた。これは彼に対しては非常に重要なことなんだ。率直に言って、自分のプレーぶりには非常に満足しているよ」

 一方のチリッチは1セットダウンから挽回し、第3セットのタイブレークでは一時1-4と劣勢に立たされながらも続く7ポイントのうち6本を取って勝利を決める2勝目をもぎ取った。

 世界トップ2を擁するスペインだが、世界ランク1位のカルロス・アルカラス(スペイン)がパリ・マスターズでの腹筋を負傷したため欠場を余儀なくされ、同2位のラファエル・ナダル(スペイン)も体の問題を考慮して出場を予定していなかった。

 クロアチアは準決勝で、前日にオランダ(グループD・1位)を2勝0敗で破って勝ち上がったオーストラリア(グループC・2位)と対戦する。

 今年のファイナルズは16ヵ国が4チームによる4グループに別れてグループステージ(総当たり戦)を9月に戦い、各グループの上位2チームが11月の決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はベスト・オブ・3セットマッチで行われ、シングルス2試合とダブルス1試合で争われる。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles