世界ランク4位のダニール・メドベデフ(ロシア)が上海マスターズ優勝の2日後、疲労を理由に「VTBクレムリン・カップ」(ATP250/ロシア・モスクワ/10月14~20日/賞金総額92万2520ドル/室内ハードコート)を棄権した。

 メドベデフは日曜日の上海マスターズ決勝でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を倒したあと、母国の首都モスクワでの大会に第1シードとしてやってきた。彼はUSオープンを含めたここ6つの出場大会のすべてで決勝に進出。言い換えれば、非常に過密なスケジュールをこなしてきた。

 ロシアの通信社タスの報道によれば、メドベデフは「上海優勝のあと、心理的にも肉体的にもへとへとになっていると感じた」と明かしていた。

 火曜日に行われた1回戦では、第6シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)がアレクサンダー・ブブリク(ウクライナ)を6-1 3-6 6-4で倒し、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)はピエール ユーグ・エルベール(フランス)を6-3 7-6(3)で退けた。コールシュライバーの次の相手は、第2シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)だ。

 また、第8シードのミオミル・キツマノビッチ(セルビア)がアルティオム・ドゥブリブニー(ロシア)を6-1 7-5で下し、イボ・カルロビッチ(クロアチア)はアルヤズ・べデネ(スロベニア)に6-4 6-7(5) 7-6(6)で競り勝った。カルロビッチは次の2回戦で、同胞で第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はダニール・メドベデフ(ロシア)、10月12日上海で撮影
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 12: Daniil Medvedev of Russia walks on court for his match against Stefanos Tsitsipas of Greece in the semi-finals of the Rolex Shanghai Masters at the Qi Zhong Tennis Centre on October 12, 2019 in Shanghai, China. (Photo by TPN/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.