テニスの現役を退き、趣味で始めたゴルフで、あっという間にシングルプレーヤー(ハンディ9以下)になる。そんな元テニス選手は数多い。スコット・ドレイパーに至っては、テニスとゴルフで二足の草鞋を履いていた。なぜ、テニス選手はゴルフがうまいのか。自らもハンディ3というゴルフの凄腕である丸山淳一コーチが、その疑問を解き明かす。【2016年5月号掲載】

This article is a sponsored article by
''.