ATPツアー公式戦の「ジェネラリ・オープン」(オーストリア・キッツビューエル/9月8~13日/賞金総額40万355ユーロ/クレーコート)に、日本の錦織圭(日清食品)が出場する。
 
 世界ランク34位(8月31日付)の錦織は第6シードとなり、初戦の対戦相手は21歳のミオミル・キツマノビッチ(セルビア)に決まった。両者は今回が初対戦となる。

 今大会に初めて出場する錦織は、昨年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)以来となる約1年ぶりのツアー復帰戦となる。8月17日にウイルス検査で陽性と診断されたことを公表した錦織は、3度目の検査で陰性になったが準備不足を理由にUSオープンを欠場する決断を下していた。

 そのほかの日本勢は西岡良仁(ミキハウス)がシングルスにエントリーしており、第7シードのギド・ペラ(アルゼンチン)と1回戦で対戦することになった。

 また、錦織と西岡はペアを組んでダブルスにもエントリーしており、初戦の対戦相手は第1シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)となっている。

 ダブルスにはマクラクラン勉(イカイ)もルーク・バンブリッジ(イギリス)とのコンビで参戦しており、ファビオ・フォニーニ(イタリア)/ロベルト・リンドステット(スウェーデン)との1回戦に臨む。

 ジェネラリ・オープンはATPツアー250の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。同大会は本来であれば7月に開催されるが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響で今年はUSオープンの2週目に当たる9月8日から13日に日程が変更された。(テニスマガジン)

海外ツアー2020日本人選手:男子|PHOTOアルバム

上位出場選手シード順位|シングルス

ファビオ・フォニーニ(イタリア)[1]
ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[2]
ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)[3]
ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は昨年のフレンチ・オープンでの錦織圭(日清食品)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)


This article is a sponsored article by
''.